スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

11ヶ月検診

2014.09.21(Sun)

『小児科・健康』 Comment(2)Trackback-
ハナタレなムスメ。
なんか嫌なヨカン。
風邪ひくんじゃあるまいね・・・。


今日は11ヶ月検診でした。

混合のワクチンと、肺炎球菌のワクチンを接種。
麻酔パッチを貼ってから行くのですが、やっぱり泣きました。

身長と体重は、前回の9ヶ月検診からあまり変わらず。
このぐらいになって来ると段々伸びが緩やかになるそうです。
特にハイハイでガンガン動く様になったので、むしろ痩せたぐらいかも。

身長:72cm
体重:8950g

ほぼ、9kgです。

ミルクを飲まなくなってしまった事を相談したところ
全然問題無いとの事。
毎食、チーズやヨーグルトやフロマージュブランの様な乳製品を加えてあげてとの事でした。
朝食には、かろうじて、オートミールに2em ageのミルクをかけたものをあげているのですが
それはとても良いので続けてとの事。





IMG_1046.jpg

待合室にて。
いっちょまえ感、あり過ぎに、一人で座って待つムスメ。

ちょっとすると、「わーーー!」ってだっこ所望なんですが。



さて、今日のムスメは、朝早くからの検診だったので、いつもより早起きしたり、昼寝もなんだか短かったり、
若干風邪気味っぽいせいもあってか、6時半頃晩ご飯を食べてる途中で、カックンカックンし始めました。
ご飯を最後まで食べないなんて相当珍しい事。
一日汗をかいていたので、大急ぎでさっとお風呂に入れて、少し抱っこしてから眠る前にベッドに入れてみたけれど
ぐずる事なくそのまますっと寝ちゃいました。

疲れmaxだと、スムーズに寝れるみたい。

スポンサーサイト

pagetop ↑

お腹の調子、その後

2014.08.19(Tue)

『小児科・健康』 Comment(0)Trackback-
先日の「乳糖不耐性騒動」。
その後、お米でできた、sans lactose(ラクトースが入ってない)ミルクを1缶のみ終わる今日この頃
すっかりうんこの調子も元通りになって来たので、普通のミルクをあげてみたところ、見事に直後に下痢しました(汗)

飲ませてすぐに、ミルクだけしか飲んでいなかった頃の様な
乳酸菌っぽい匂いのするうんこをしたので、やっぱりまだダメっぽかった。

という事で、またお米のミルクを買って来てしばらく飲んでもらいます。

ネットなどで調べると、どうやらなかなかの長期戦になる子もいるらしく。
因みに私が飲ませているお米のミルクは、生後6ヶ月〜3歳までは飲ませる事が可能らしいので(栄養素的に)
ま、とりあえずお腹が治るまでは続けてみます。
値段が若干、普通のミルクより高いのがね。あれだけどね。

ただまあ、どんどん離乳食も進んでいるし、もはや10ヶ月だし。
本人も、ねんねの前のミルクはちょっと執着がある様ですが、それ以外は離乳食がちゃんと食べたいみたいだし、
そして水もストローマグでかなりの量を飲む事ができる様になったので、水分不足もなさそうだし
あまり心配せずにいこうかと思います。

そうそう
特に、ココ一週間程、鼻風邪っぽいのをひいてしまっていたので
体調が万全じゃないってせいもあるかも知れません。

pagetop ↑

乳糖不耐性*Intolérance au lactose

2014.08.09(Sat)

『小児科・健康』 Comment(2)Trackback-
長引いていたムスメの下痢、ブログに頂いたコメントで「乳糖不耐性」という症状を知りました。

牛乳飲むとお腹がゴロゴロしちゃうの!
って、日本人にはとっても多い症状なんだそうです。
ちなみにフランスではすごく稀。

先天性と後天性があって、後天性は下痢や胃腸炎の後、胃腸の機能が低下して、ラクトース分解酵素の働きが落ちてしまって、下痢が長引いてしまうという症状。
詳しい症状は、乳糖不耐性で検索してもらえば山ほど出て来ます。

それを聞いてから、色々私も検索して調べてみました。
そうするとなんとなく症状が合致する様な。

・ミルクを飲むと排泄する。
・便が新生児期のように、酸っぱい匂いがする。
・頻便。

そう言えば、私も殆ど牛乳を飲まないし、私の父は牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしちゃうタイプ。
もしかして、アジア人の私の遺伝で、ムスメも乳糖不耐性なのかも・・・?

そう思って、フランスのサイトを調べてみました。

Intlérance au lactoseという名前でした。
少なくはあるものの、やっぱりそう言う子はいる様で、対応は日本と同じく、sans lactoseのミルクに切り替える事。




modilacriz.jpg

という事で、薬局で聞いて買って来たミルク。
Riz=お米。

お米ベースのミルク、乳糖が入っていません。

で、これに切り替えたその日から、便の回数が7〜8回/日 だったのが、3〜5回/日に。

現在5日目ですが、一日2〜3回にまで元通りになりました。

やっぱり、乳糖不耐性だったのかな?と考えるのが良さそう。

で、この乳糖不耐性は、ミルクの療法を3週間程継続する事で完治します。
一旦治して胃腸の調子が整えば、また普通にミルクや乳製品を摂取する事が可能です。

あ、因に、乳糖不耐性でもヨーグルトは既にラクトースが分解されてるから食べても大丈夫です。



とりあえず、まだ完治ではないので、断言できませんが、どうやら、乳糖不耐性だったみたい?
もうしばらく、このお米ミルクで様子を見る事にします。



pagetop ↑

お腹の不調

2014.08.02(Sat)

『小児科・健康』 Comment(2)Trackback-
先週の金曜日から続いている、頻繁なpopo。
週明け一旦良くなったと思いきや、またもや一日7回とか…。

木曜日、さすがに午後保育所から電話がかかってきて、一日5回もしたと。
朝、出かける前に既に3回していたので、やっぱり一度小児科に見てもらう事に。

先生からの説明では、乳児期にはこうした頻便、下痢は良くある事で、ウィルス性の胃腸炎の場合もあれば、胃腸の働きがまだ未熟なせいで起こる場合もあるとの事。
後者の場合、2歳ぐらいまで繰り返す事もあるそう。

体重も前回の9ヶ月検診から増えているけれど減っていないし
皮膚の感じや食欲も元気もある事から、下痢で脱水症状がある、とかそういうことはないとの事。

お薬を色々出してもらいつつ、数日様子を見る事に。



fc2blog_20140802042112f06.jpg

1.Picolite
水に溶かして飲ませる、イオン飲料の素みたいなヤツ。乳児のいるおうちは必ず必携な感じです。
100年以上前から乳幼児の水分補給として使われてきたそう。
味が、あましょっぱい様な、なんかまあポカリスエット的な感じです。
水よりも体への吸収が良いらしく、下痢や嘔吐、風邪の時なんかに飲ませます。
面白い事に、普段あまり不要な時は、飲みたがらないのですが、体がやっぱり水分や塩分を欲してるらしい時は
ぐびぐび飲みます。
適宜飲ませる事。

2.TIROFAN
粉末状、シロップや一口分のコンポートなんかに混ぜ込んで飲ませます。
うんぽを固める、要は下痢止め。
要処方箋。

3.ERGYPHILUS enfants
ビフィズス菌、ビタミンD3等。胃腸を整える。
ワ○モトとか、そんな感じのヤツでしょうか。
処方箋はいりません。


それ以外の気をつける事。
・食事はうんぽを固める系に。
人参、バナナ、コメ、魚、ジャガイモ 等
・お尻のお手入れは、CicalfateとEosineで。
・一日のうんぽの回数と、水分量を書き出す事。体重1kgあたり、100mlの水分(水、ミルク、Picolite合計で)=9kg相当なので900mlは水分を取らせる。

今日一日、経過しましたが、一日でやっぱりうんぽの回数は7回。
それ以外は、すこぶる元気一杯で普通に食欲も旺盛なんだけどねえ。




pagetop ↑

オムツかぶれにEosine

2014.07.26(Sat)

『小児科・健康』 Comment(4)Trackback-
昨日から引き続き、オムツかぶれのおはなし。

一日に7回もpopoをして、そりゃあお尻もかぶれるわ、って真っ赤で痛そうだった昨日。
お風呂に入れてもギャン泣きだったので、やっぱりとってもしみていたかったみたい。

夜中に2回もpopoで起こされる。
下痢をしてるわけではなくて普通の状態。

お尻を常に綺麗にしておかないといけないという事だったので、真夜中にお尻チェックを何度かしました。

そしてお尻は水をスポンジに含ませて、それを絞って流し洗いの様にして、
リニモンをタップリつけたコットンで、コットンが直接触れないように拭き取り。
その後Bepenthenをたっぷりと塗布、って感じで保育園へ送って行きました。

すると夕方、終業1時間前ぐらいに保育園から電話。
やはり一日中、popoを何度もしていて、都度泣いていたがっていたそうで
そしてお尻の状態が昨日よりもひどくなって、真っ赤で皮もむけかけているとのことで
小児科に一度聞いてみては?と言われたので小児科へ電話。

状態を説明すると、
・流水で洗う
・良く乾かす
・一日一回Eosineをつけてよく乾かす
・それ以外のオムツ替えのたび、Cicalfateをつける

という対応でした。
全て処方箋無しで買えるものです。

オムツかぶれよりも、そのpopoの回数がきになるという事で
歯が生えてくる時に頻繁になる事もよくあるけれど
体調に異変を感じたら連れてくるようにって事と
沢山水分を採らせるようにとの事。

早速夜のお風呂は、人肌よりもぬるめにして
おまたを洗ってから良く乾かして
Eosineを塗布しました。





eosine.jpg

Eosineってのは、見た目は赤チンみたいな消毒液です。
多分同じ成分なのかな。
傷なんかによく使います。

コットンにEosineを含ませて、患部にちょいちょいと塗ります。
当然、真っ赤になります。
そして塗ってる私の指なんかにも結構ついちゃって、真っ赤になってます。

それからご飯はお腹に優しいもの=こっちだと人参ピュレ
とのこと。
今日はもう仕事の後時間もなかったしストックもなかったので
6ヶ月用離乳食BF人参とクスクスのミルクピュレを買って来て食べてもらいました。


早く治りますように。

pagetop ↑

♥ About me

こぐまちゃん

Author:こぐまちゃん
モナコで妊娠〜出産
2013年10月18日、女の子が産まれました。
満一才までの妊婦時期〜育児の記録です。

♥ New entries & Comments
♥ Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
♥ Categolies
♥ Archives
♥ おかいもの
♥ 成長記録
♥ Links
♥ メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

♥ Serch

pagetop ↑

Copyright © 2017 こぐまちゃん all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。