スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

あって良かった物:布ナプキン

2013.11.18(Mon)

『妊婦期アイテム』 Comment-Trackback-
先日記事にしたあって良かった物、要らなかった一覧
大事な物を入れ忘れてました。

布ナプキンを以前使っていて、もうここ数年は殆ど使う事はなかったのですが、産後の悪露対応にすごく良かったです。
元々ナプキン自体嫌いで、ましてフランスのナプキンは質が粗悪なのでこちらに来てからは殆どTampax派なのですが、悪露処理は当然ナプキンでなければならず、かといって紙の普通のナプキンは絶対にムレたりカブれたりしやすくて、しかも産後1か月程も続く悪露、毎日ナプキンを使わなければならず。
そんな時に布ナプは本当に心地よかったです。

妊娠後期、オリモノが増えた頃から使用開始して、産後悪露も、数日間悪露が多い時期だけ日本製の夜用ナプキンを使用して、それ以降退院してきてからは布ナプにしました。

布ナプの使い方や種類なんかは検索してもらうと沢山出て来ると思うので割愛。
日本にいる時には、セスキソーダに付け置きすれば簡単に洗濯もできてました。
こちらはセスキソーダ売ってないので、重曹で付け置きしたり、マルセイユ石鹸で部分洗いして洗濯機に放り込めば綺麗になります。

妊娠後期から産後までこれは本当にあって良かったアイテムでした。
スポンサーサイト

pagetop ↑

38w1d:最後の妊娠腺予防クリーム

2013.10.06(Sun)

『妊婦期アイテム』 Comment-Trackback-
38週突入。

相変わらず夜中の腹痛にビクビクしています。
昨日から今朝にかけては、下痢みたいな腹痛。
陣痛が下痢みたいな腹痛から始まる場合もあるって事を何かで見ていたので、おっかなびっくりトイレに行ってみたら本当にただの下痢だったという。
臨月に入ってから、また便秘になっていたので、これで少しスッキリしました。

後はもう、臨月特有なんでしょうが、あっちこっちもうガタガタボロボロ。
歩くと股関節がガクガクなったり、コマネチライン(?)のスジがつりそうになったり、腰痛だったり恥骨痛だったり。
体重を支えるのが辛くて膝や足首が痛かったり浮腫んだり。
これもあと2〜3週間と思って頑張ります。

って、2〜3週間、もってくれるかどうか謎。
こぐま母が来るまで、せめて待っておいておくれよー。


---

あとちょっとで産まれるのですが、WELEDAの妊娠腺予防マッサージオイルが使い終わってしまいました。
割と初期の頃からベースとしてずっと使い続けて、トータルで3本消費しました。
もう一本買っとくかとファーマシーへ行ったのですが、ちょっと違うヤツを買ってみました。



1310051.jpg

1.Mustela Vergetures Double action
2.Mustela Bien-Être Instantané Jambes

1は、妊娠腺予防クリーム。
ちょっと油分の多いゆるめのクリーム、乳液としてはこってりという感じ。
なんでこれにしてみたかっていうと、産後のできてしまった妊娠腺ケアにも使えるという事だったので。
おそらく今から使い始めると、産まれた後のケアもできる方がいいかな?と。
使い心地は、うーん。WELEDAのオイルになれているとマッサージ的にはしづらいかな。
下手するとポロポロが出て来る感じで。
ちょっと使い心地にクセがある感じです。
香りは微香性。
私は無香性の化粧品類って、どうしても原料の油臭さが気になってしまいます。
使っている時の心地よさも気になる方なので、香料は入っていた方が好きなので、これは良い感じでした。

2は、レッグ用ジェルクリーム。
これはとっても良い感じ!フランスの妊婦ブロガーの人がすすめていたのを以前見ていて、同じく購入してみました。足全体にのばしてぬりぬりすると、程よいすーすー感。
浮腫んだり、疲れた妊婦足を軽やかにするのにはとっても良いです。
付けるだけで気持ちよい。
付け心地もベタベタしないし、サッパリしていて、私は夜はメディキュットの夜用を履いて寝ているのですが、ベタベタするクリームだとメディキュットを履く時気持ち悪いのだけどこれは大丈夫でした。

どちらも妊婦用のデリケート肌向けにテスト済みなシリーズなので安心して使えるみたいです。
(私は割と頑丈なので何でも使ってますが…)

pagetop ↑

37w6d:本色々

2013.10.04(Fri)

『妊婦期アイテム』 Comment-Trackback-
妊娠・出産・育児関連の本をいくつかレビューします。




シアーズ博士夫妻のベビーブック

かなり大判で分厚い育児書。
Amazoneでも評判も良かったので買ってみました。
特色は「添い寝のすすめ」と、スリング等を使ったスキンシップを重視した育児って所でしょうか。
まだ全部読んでいませんが。








そしてもう一冊



カリスマナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座

全然知らずにこの二冊を選んでしまったのですが、なんとこの二冊、言ってる事が真逆でした(笑)
こっちの本では、赤ちゃんのリズムはきちんと親が管理して育児するって感じ。

前者は、赤ちゃんのリズムに合わせて、後者は赤ちゃんのリズムを構築してあげる、という感じかな。



私個人的にはどちらも完全一致の育児なんて無理だろうから、適当につまみ食いでいこうと思います。
添い寝はするつもりは無いけれど、ベビーベッドを自分のベッドの隣にくっつける予定だし、まあ添い寝が楽だったらそうなる可能性もあるけれど、最初はベビーベッドでトライするかな。
スリングとベビーカーは併用していくと思う。

何にしても、そんな参考書通りになんて行かないって事は、育犬で既に経験済なので。まして犬だって2匹いたら2匹とも同じではなかったし。
子供なんてましてやもっと色々だと思うから、その子と私で作っていけばいいかなあと思います。



適当万歳。






日本のブロ友、ほたるちゃんが送ってくれた本。




はるまき日記

江古田ちゃんの作者さんが書いた育児エッセイ。
頭使わないで笑って読める感じ。
多分産まれてからの方が、もっとツボなんだろうな。

しかし独身で子供もいないほたるちゃんがこの本を紹介してくれるって、渋過ぎる…。
(私が子供がいない時だったら全然読んでなかったと思われるから)




今回チラッと読んでみて、マタニティー期を過ごすための本と違って、育児本はちょっと気をつけて読まないと洗脳されるなあと思った。
私は元来あまり人の言う事を聞かないので、洗脳されないと思うけれど、ちょっと産後で疲れてたり、メンタル弱っていたりする時にこの手の本を読みすぎるorこの手の本を読んで1つ実践したら成功しちゃった、なんて事があるとどっぷりそれにつかりそう。
なのでほどほどに、適度に、わからない事があった時、ちらちらとページを繰るぐらいが私にはちょうどいいかな?と思いました。

pagetop ↑

29w4d:子授け&安産ご利益物

2013.08.06(Tue)

『妊婦期アイテム』 Comment-Trackback-
妊娠したって分かってから、実家や友人から安産祈願のお守りやお札をもらってありがたく付けております。



そんな「神頼みシリーズ」の中でも軍を抜いて、なにせ妊娠前からずっと肌身離さず持ってるのがこれ。





zubefuji.jpg

陣痛中の妊婦に赤富士&太陽を描いてもらうと、子宝に恵まれるっていうジンクスのアレ。
陣痛中に間に合わなかったとかで、産まれてすぐに描いてくれたよ。
(そうなんだろうなあってのがその辺にあった風のメモ帳具合でよくわかるw)

その気持ちがありがたくて嬉しくて、妊活中も、妊娠してからもずっと持ち歩いています。

あんだけ「無理」言われたのに、自然に授かったのも、妊娠経過が順調なのも、このずべ赤富士がおおいに効いたんだと信じてる。(あと木村さんも。)




bouuni.jpg

心拍確認後にメッセージと一緒に送ってくれたありがたい写真。(坊の顔はご本人ブログでは出てますが一応隠しましたよ)
満面の笑みの福相な坊と、くるしゅうないなうに神様に「もう大丈夫」認定してもらって一安心でした。


あとひと頑張りで暑い夏も少しはマシになるだろうから、辛抱だね。

pagetop ↑

27w4d:妊娠腺対策ケア

2013.07.23(Tue)

『妊婦期アイテム』 Comment-Trackback-
妊娠腺の対策はかなり初期からスタートしているのですが、この1ヶ月ぐらいは本当に気合いを入れてます。

今日はどんなアイテムを使ってどんなケアしているのかをご紹介。






IMG_6018.jpg

まず、ボディケア用品でこれだけあります。
正直、入浴時間より、その後のケアの方が時間がかかってるかも…。


まず、入浴後、体がまだ軽く湿っているぐらいの段階で、写真左から2番目の馬油を使用。
手のひらに500円玉ぐらいの大きさを取って、ササーっとお腹周り、胸にのばします。
これはまずベースとして薄くのばすのみ。

次に、写真一番左のWELEDAの妊娠腺予防用のオイルを使用。
たっぷりめに手のひらに取って、両手で温めたらまずはお腹全体にのばします。
次、腰〜脇腹、お尻、鼠蹊部(太もも前側の付け根)。
鼠蹊部(そけいぶ)には、おおきなリンパ節があるので、ココを開いてあげる事でマッサージの効果がアップします。特にわたしはこの1ヶ月でセルライトが激増してしまったので、セルライト対策のためにも。
鼠蹊部は、両手の平をつかって、大きくさすり上げます。
「コマネチ」をするみたいに。(ただし膝は曲げなくてよろしい)
何度かさすったら、お腹のマッサージからスタート。

お腹は時計回りにゆっくりと両手のひらでなでます。
特に下腹部、見えない部分も妊娠腺が出やすいので念入りに。
オイルをしっかり浸透させて、皮膚を柔らかくするイメージで。

次に臀部、腰。
オイルを付け足してから、手をグーにして、その手を使ってグリグリゴリゴリと気持ちよい様にしたから上へとぐるぐる螺旋を描く様にマッサージ。
そのままお尻、太ももの付け根はしたから上へ引っ張り上げる様に。

ここでオイルチェンジ。
同じく写真左から3番目のWELEDAのホワイトバーチオイルを使います。
これはスリミング効果があるオイル。
太ももから膝裏まで、オイルをしっかりのばします。
足はバスタブとか、台の上に置いてマッサージ。(腹がつかえるので)
膝裏のリンパ節をまずはよくもんでから、膝から鼠蹊部に向かってさすり上げる。
時間がある時はマッサージャーをゴロゴロしたりも。

その後、膝下部分は写真左から4番目、SABONのボディーローション。
これはジャスミンの香り。
膝下がべたつくのが嫌なので、この乳液タイプのローションでマッサージ。
足首、くるぶし辺りもゴリゴリマッサージすると浮腫も軽くなります。

続いて、一番右端、ロクシタンのヴァーヴェナのジェルタイプのローション。
夏用のシャーベット状のローションはメントールで清涼感があるタイプ。
これは首回り、背中、二の腕に付けます。
二の腕も脇の下の腋下リンパ節をぐりぐりしてからマッサージしてあげると効果的。

最後に手前のロクシタンのシアバターのクリームをお腹にグルグルと塗って終了。

部位ごとにテクスチャーの好みに分けて使い分けしてマッサージしています。


妊娠腺が出やすいのはこれかららしいので、頑張ってケアしたいと思います。

pagetop ↑

♥ About me

こぐまちゃん

Author:こぐまちゃん
モナコで妊娠〜出産
2013年10月18日、女の子が産まれました。
満一才までの妊婦時期〜育児の記録です。

♥ New entries & Comments
♥ Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
♥ Categolies
♥ Archives
♥ おかいもの
♥ 成長記録
♥ Links
♥ メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

♥ Serch

pagetop ↑

Copyright © 2017 こぐまちゃん all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。