スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

最近の母乳の状況(2ヶ月半)

2013.12.31(Tue)

『母乳育児』 Comment-Trackback-
ここ最近の母乳と授乳の事。

2ヶ月半になって、やっと母乳がビュービュー出る様になって来た。
授乳の回数は大体3時間おきで、午後〜夕方にかけては1時間おきだったり、夜は長く寝ちゃうのでもっと間隔が空いたりもしています。
夜は母乳がかなり湧いて来るので、19時の授乳のあと、起きなければ23時頃に一度搾乳しておきます。
この搾乳で100mlぐらい取れるようになったのだけど、私にとっては驚愕の量。
最初の頃は数滴〜10mlぐらいしかとれなかった。
この搾乳した分を翌日の夜の最後の授乳で使って飲ませます。(プラス直パイも)
搾乳できなかったらミルクで。
相変わらず、満腹中枢はまだ完璧じゃないみたいで、時折飲み過ぎ?だかでゲポーーっと吐き出している事も。

パイの状態ですが、吸い始めてしばらくすると、ツーンとした感じがして、ビュービュー乳が出て来ます。
この事を射乳というらしい。
最近はムスメも吸い方が上手になってきたようで、最初はチクチクと浅くパイを咥えて軽くジャブ的に、そのうちパイが反射して射乳反応を起こすと、ゴクゴクと喉を鳴らして飲み干しています。
なんでパイが出てるかわかったかというと、ムスメがパイから口を離すと、ビシャービシャーっと噴射していてわかったもの。
それと、方乳でてるときは反対のパイからもしゃーしゃー出ております。

2ヶ月まで本当に大変で、苦労したけれど、こんなに出る様になりました。ホントに嬉しい。
今、パイが出なくてご苦労されている新生児のママさんがいたら、2ヶ月ぐらい適当に頑張って、でも遠慮せずミルクも時々使って、気楽に飲ませていたら、ビュービューと出る様になります。(多分)
だから頑張って下さい。

産まれた初めの週なんて、パイを吸われるのも痛くて苦痛だったけど、最近はパイを飲んでもらうのは快感に近いです。
なんだか体まで軽くなるし、ムスメとのスキンシップタイムが愛しくてたまらない。

ここまで母乳育児をしてきましたが、そろそろミルクへと移行の準備を始めて行かなければ行けません。
でも悔いはないし、ここまで母乳をあげられたのでとても満足しています。
今も一日1回ぐらいミルクを足したりしているので、ムスメも哺乳瓶にはなじんでいるのでこのままうまく移行できたらいいな。

フランスでは、産休の関係で、生後3ヶ月ぐらいまで母乳育児をしてその後保育所へ預け始めるのでミルクにってパターンが多数。
そもそもフランスの場合、専業主婦って圧倒的に少なくて、皆仕事を持っているし、子供がいても出産しても仕事を続けている人が大多数なのです。(国の制度で仕事をしながらみんな子供を持てるシステムがしっかりしてる)
それに専業主婦でも、長くても離乳食の始まる6か月には母乳を終えるのが殆どと、助産師さんや小児科医の先生が言っていました。
日本だと、1歳過ぎても、稀には2歳、3歳までおっぱいというケースもあるようなのでその辺は違うところなのかな。
(逆に、フランスだと4歳、5歳になってもベビーカーでおしゃぶりをくわえてる子もいて、日本にはそんなのないと思うので逆にビックリするし)
どっちがいいとか悪いとかじゃないので、ライフスタイルとママと子供の性格とで色々あっていいと思う。

あまりにもパイにこだわりすぎて(自分が)いつまでもパイをあげていることで、「断乳」とか「卒乳」とか、パイに顔かいてバイバイとかたいそうなお別れ儀式をしなくちゃいけない程になるのも大変なので、あっさりこの辺りでフェイドアウトして行きたい所存。
ホント、パイやりは子供だけじゃなくて母親の方もそこにすごく依存してしまいがちな行為なので、子供がというより自分が卒乳大変になりそうだから。

さて、ここまでの間、幸いにもパイトラブルには見舞われておりません。
最初こそ、乳首がきれたり、白班ができたりしましたが、それも2週間ぐらいの間におさまってしまった。

私がすごく疑問なのが、日本の母乳育児推進サイトとかで良く言われている食べ物の事。
フランスだと、何を食べてもいいですと言われる。
そもそもフランスの母乳ママ達は、日本で推奨されてるような「質素な和食」なんて食べてないわけで、それでもガンガン乳が出る人もいれば、全然でない人もいて、その悩みは日本のママと同じなわけで。
かく言う私も、産後、かなり好き放題なんでも食べていて、それでも食べたものとか量とかでパイので具合とか状態とかに左右した事は今のところない。
ありとあらゆる甘い物もかなり食べてるし、カレーもピザもマックだって時には食べてるし。
それでもパイが詰まった事は一度もない。
お餅もおはぎもモリモリ食べてるけど、日本では母乳には禁制品の様ですが、私には何の悪さもしなかった。
だから食事って本当に関係あるのかなあ?と疑問です。
とはいえ、てきめんに食事がパイに反映してる人も実際にいるわけで、友人でもそういってた人も実際にいるし。
そうなるとこれはもう、個人の体質?なんでしょうかね。



とにかく、パイが出る様になった事で、なんだかやっとホッとして、そうする事で母乳の呪縛から開放された気がして楽になった。
スポンサーサイト

pagetop ↑

黄昏れ泣き・コリック

2013.12.30(Mon)

『生後2ヶ月』 Comment-Trackback-
最近のムスメ

7時 起床&パイ
   二度寝
10時 起床&パイ
   起きて遊ぶ
13時 パイ
   うとうとしたり、すぐ起きたり
14時 お散歩 帰って来てパイ
16時 この辺から小刻みにパイ
   段々機嫌が悪くなって来る
18時 お風呂
19時 パイ&ミルク
   寝かしつけ

20時〜21時の間に就寝。

こんな感じです。
最近は夜中に3時頃一度起きるだけで、夜はずっと寝ています。
昨夜なんて、21時半頃寝付いたら、朝の6時まで一度も起きずに寝ちゃってました。
2ヶ月になるまでは夜中に起こして授乳させていたのですが、最近は寝てる時に無理に起こす事はしなくなりました。
段々飲める量も増えてきてるし、ムチムチ育ってきているので、大丈夫かな。

最近は夕方のぐずりが大変です。
3ヶ月頃に特有と言われるコリック=黄昏泣きなのでしょうか。
夕方頃になるとぐずぐずしだします。
ネットとかで見る黄昏泣きの症状は、何をしても火がついた様に泣いて泣き止まないそうですが、ムスメの場合はパイさえ与えておけばとりあえずは泣き止みます。
でもずっとパイをくわえさせて置くってのも無理な話で…。
そんなわけで、パイをくわえさせて寝たかな?と思って降ろすとギャンなきってのを繰り返しているここ数日でした。

今日は試しに午後からずっとエルゴに入れて抱っこしていました。
抱っこしたまま、犬も連れて午後のお散歩に行ったり、そのまま寝ていたのですが降ろさずに抱っこしたまま家事をしたり。
するといつもよりもいい感じで夕方お風呂の支度をスタートするまでは泣かずにいてくれました。

夕方って、一日でも一番忙しくて、晩ご飯の支度をしたり、犬達も夕方になるといつもワンワン始まるし、ムスメのお風呂も入れないといけないし、寝る前はパイ+ミルクなのでミルクの準備も必要だし…と色々とバタバタで。
黄昏泣きされちゃうとそういった事が何もはかどらないし、気ばかり焦ってイライラしてくる。
だからもういっその事、夕方は家事はスッパリ諦める事にしました。
晩ご飯の段取りは昼間のうちにしておいて、そしていつ中断されてもいい様に、夕飯のメニューは冷めても食べられる物にする。
そうすれば支度してても焦る事もないし。

今日はムスメのぐずぐずが始まったら、とことん抱っこで乗り切ってみました。
お風呂の支度の時だけはどうしても抱っこから降ろして待っていてもらわないといけないので、その時は大体ギャン泣きしてますが、お風呂大好きなのでギャン泣きしてもお風呂に入れるとゴキゲンちゃんに。
そしてお風呂から出てマッサージしながらクリームをつけるのも大好きなので、すこぶる上機嫌でキャッキャなってくれて、そのままのテンションでミルクとパイを飲ませて寝てもらう感じにしたら、今日は大成功。
寝かしつけも一発で成功、20時半には夢の中でした。

とはいえ、また明日これが通用するかわからないけれども。







IMG_7277.jpg

買ったばかりの1ヶ月頃はあまりお気に召してなかったバウンサー。
最近はバウンサーに取り付けたおもちゃをじーっと眺めてたり、一人でゴキゲンで座っていられる様になりました。






IMG_7278.jpg

こんなにニコニコのくせに、3秒後に突然怒り出したりするトラップ。





pagetop ↑

初めての食器

2013.12.28(Sat)

『赤ちゃんアイテム』 Comment-Trackback-
モナコみたいな小さい街(っていうか国)に住んでいると、インターネットがあってホントよかったー!と思うのです。
特にこんな風に、妊婦後期〜産後で買い物もままならない!なんて時はありがたい。

洋服や、運ぶのが大変な大物や、あらかじめショップやショールームで目星をつけておいてからネットで購入してます。

そろそろ本番ソルドの前の、Vente privéeが始まりました。
1ヶ月サイズのお洋服がぼちぼちサイズアウトなので、次のサイズを買うのに値下がり待ちしてたので、お買い物開始いたしました!





そんなネットショッピング中に見つけて購入したもの。(セールじゃないよ)




IMG_7262.jpg

子供用食器セット。
お食い初めがあと一ヶ月後となっていて、子供の成長に伴う行事の中では、何よりお食い初めは大事と思っている食いしん坊なワタクシ。今から準備に余念がありませぬ。

この食器はエコフレンドリーな食器で、竹ファイバーで出来てるのだそうです。
環境に優しくて、食器の安全性テストも通過しているそうで。
その上食洗機も使える。(レンジは不可)
軽くて割れないけどチープじゃなくて何より色も鮮やかでカワイイのです。

早くこの食器でムスメとご飯食べたいなー。

でもこれとは別に、お茶碗とお椀とお箸もやっぱり用意しないと。

biobu by ekobo

pagetop ↑

日仏の違う事

2013.12.24(Tue)

『生後2ヶ月』 Comment-Trackback-
出産・育児に関して、日本とは違う事が色々ありました。
先日は沐浴の違いを記事にしましたが、それ以外にも色々。

私はどっちもいいとこ取りで、やりやすい方を採用しちゃってます。

①調乳の仕方
こちらでは粉ミルクは水で作る様に指導されます。
常温のエビアン等、乳児でも飲めるミネラルウォーターでそのまま溶かして作ります。
お湯とか要らないので楽。
あと哺乳瓶の消毒も、最近ガイドラインが変わったらしく、不要と言われます。
中性洗剤で普通に洗浄し、できれば熱いお湯ですすいで自然乾燥でOK。もしくは食器洗浄機でOKと言われます。
そんなわけで、ミルクの不都合がかなり解消されます。
深夜の授乳も、ミネラルウォーターと粉ミルクを枕元にセットしておけばすぐつくれるという。
(私は夜は母乳オンリーなので調乳すらしませんが)
ただ、最近は時々哺乳瓶拒否、粉ミルク拒否をする事があって、そんな時は温かいミルクにしてあげるとよく飲みます。
因みに、助産師さんから言われたのは、母乳の温度は24度程度なので、常温水で作ったミルクと同じ温度なんですよって事でした。だけど温かい飲み物の方が好む子は多いらしいです。

②新生児の外出
既に記事にもしてますが、退院直後すぐに散歩推奨。日光に当てる事(=ビタミンDを生成する為)と言われます。
ただしウィルスの蔓延していそうな人混みなどは避ける事。

③帽子と靴下
こちらの赤ちゃん、やたらと頭と足をくるむ様に言われます。
思ったのは、こっちの赤ちゃんって髪の毛が生えてない子が圧倒的に多いので、防護のためにそういわれるのかな。
うちのムスメは髪が結構あったのと、帽子をかぶせるといやがるので今の所被らない事が多いです。

④親子別室
赤ちゃんのうちから寝室は分ける様に欧米では言われる、と聞いた事もある方も多いと思いますが、最近はそればかりでもないです。また逆理論も増えて来ていて、(シアーズ式っていうのかな)乳児期は添い寝してあげなさい、同室にしなさい、と推奨するパターンも増えてます。それはどちらかというと助産師さんに多い気がします。ドクター達は昔からのフランス式で、親子別室って言われます。
うちは物理的に子供部屋を取れる間取りじゃないってこともあって同室ですが(笑)
それにしても、深夜の授乳が必要な今時期は同室でいいんじゃないかなあと思ってます。
ベッドは今の所ベビーベッドで寝ています。
それも犬の乱入に備えてって感じ。もう少し大きくなって、親が判別出来る様になって、甘えたくなって一緒に寝たいって言うならそれでもいいと思ってます。


あと他にも細々色々ある様な気がするけど、また思い出したら書きましょう。

pagetop ↑

2ヶ月検診と予防接種

2013.12.21(Sat)

『小児科・健康』 Comment-Trackback-
生後2ヶ月の検診とワクチン接種でした。

フランス(モナコ)って、注射やワクチンも処方箋を書いてもらって薬局に自分で買いに行って、そのワクチンを持って病院へ行って注射してもらうというしくみ。
2ヶ月はワクチン接種だったので、1ヶ月検診の時に処方箋をもらっていて事前に購入して冷蔵庫で保存していました。
ワクチンの際は接種1時間前に麻酔薬の軟膏を塗る様に指示されていたので、軟膏を塗って準備万端で出かけました。
小児科へ一人で行くのは今回が初めて。
ビルの入り口に結構急な階段が数段あって、重い扉もついていて、ベビーカーで行くと一人では手こずりそうだったので、エルゴで行く事に。
おまけに付近の駐車場はいつも混雑しているので、バスで。
天気は雨で最悪でした。

初めての一人で小児科ってんでテンパってしまった様で…。
せっかく準備していたワクチンは冷蔵庫に忘れるわ、財布も忘れるわで、病院についてから気づいて血の気がひくワタクシ。
診察室に入って、「先生、ワタシバカナンデス」と正直に打ち明けましたらば、病院にある分で今回は打ってもらって、冷蔵庫にある分は4ヶ月時の2回目ワクチンで使う事にしてもらえて一安心。
財布忘れていたけれども、小切手帳は鞄に入っていたので清算は無事で来ました(汗)
おかげで帰り道に買い物してくる事は出来なかったけど…。

では身体測定の結果
体重:4850g(3600g@1ヶ月)
身長:55.5cm(52cm@1ヶ月)
頭囲:38.5cm(36.5cm@1ヶ月)

成長曲線ど真ん中で順調に育ってくれていて安心しました。
母乳メインなのでどのぐらい飲めてるのかが定かじゃなくて、どのぐらい大きくなっているのかは常に心配なのだけど、すくすく育ってくれていて嬉しい限りです。



そして今日打ったワクチン
・Prevenar13 肺炎球菌
・Infanrix hexa 混合ワクチン(ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ、インフルエンザ、B型肝炎)

来月はロタ。日本はロタも注射みたいだけどこっちは飲み薬です。
ワクチンも随分違うっぽいですな。



pagetop ↑

哺乳瓶ジプシー

2013.12.20(Fri)

『母乳育児』 Comment-Trackback-
母乳よりの混合を目指して日々試行錯誤しているのですが、混合は一番難しいみたい。
特にここ数日、2ヶ月に入るちょっと前から、哺乳瓶に難色を示し始めてきました。
噂に聞きし、乳頭混乱というヤツなのかなと思われ。

今の所、いやがってもしばらく攻防を続けると飲み始めてくれるのですが、あからさまに「ぐえっ」とか言いながら哺乳瓶を吐き出そうとしたり、イヤーな顔をしたり、下唇を突き出して「ぶぇ・・・ぶぇぇ・・・」とかやるので本人的に嫌で仕方がないみたい。

そんなムスメの哺乳瓶履歴。

・ピジョン 母乳実感… 日本の友人が送ってくれたもの。初期に使用していたけれど、飲みが楽な様で早すぎるので封印。
・NUK… 当地にて購入。乳首はSとMと両方あるが、Sだと小さ過ぎて殆ど吸えないっぽく大激怒。Mだと今度はダバダバ出過ぎるというどちらつかずなのでこれも封印。

・ピジョン 母乳相談室… 桶谷推奨のヤツ。現在これをメイン使用。特にいやがる事もないです。が、160mlまでしかサイズがないらしい。あと瓶なので持ち運びには重いですね。

・Mollis… 先日のおしゃぶりでも紹介したMollis.おしゃぶりが良かったので哺乳瓶もいいかと思ったのだけど、私が購入した時は2穴タイプしかなくてそれを買ったらダバダバ出過ぎてしまった。1穴タイプだったらいいのかも。乳首の形状は母乳相談室に似てるかも。


このまま微調整でうまく混合が進んでくれるといいなあ。
保育所がある事が心配だけど、保育所もまんまと待機児童になってしまいそうなので、職場復帰も遅れそう。
つまり保育所始まるの6ヶ月頃になりそうだから、そうするともう離乳食始まるから乳がどうのこうのって時期は終わってそうだね。
そう考えると、ホントにおっぱいなんて、人生のほんの一時の事なんだなあと。
そう思ったら、もうムスメの好きな様にさせてあげたいなあ。出来る限りねえ。

日中は哺乳瓶が嫌っていうんならもう家にいる限りは好きなだけパイ飲ませてます。
頻回授乳もいいところだけど、夜は寝てくれる様になったし、今の所はそれだけでも十分です。



pagetop ↑

生後1ヶ月のまとめ

2013.12.18(Wed)

『生後1ヶ月』 Comment-Trackback-
10月18日生まれなので、今日から生後2ヶ月に突入します。
時間の経つ感覚が長いのか短いのかわからない、だけどもの凄く濃密な今までに経験した事のない日々でした。

さて、生後1ヶ月を振り返って。

・前半2週間はまだ睡眠時間はメチャクチャで夜もなかなか寝なかった
・後半2週間はリズムが出来てきた。夜9時〜12時頃就寝し、朝までよく眠る。深夜授乳は0時と朝6時。夜中起きなくなった。
・日中起きている時間が増えた。
・一人で遊べる、起きている間ベッドで一人で過ごせる。
・お腹イッパイ、オムツ綺麗、ゴキゲンであれば一人でも眠れる様に。
・手しゃぶりをする(4週目)
・喃語を話しだす(4週目)
・笑う。あやすと反応してしっかりと笑う(新生児微笑ではなく社会性を持った笑いになってきた)
・寝ぼける。寝ぼけてないているときは背中トントンで再び眠れる。
・哺乳瓶に変な顔をし始めた(4週目)寝ぼけていたり、温めたミルクだと飲む。
・うんpをすると機嫌が良い。している間中一人で絶好調にゴキゲンで過ごしてる。
・出終わって段々オムツが気持ち悪くなってくると怒る。
・ベッドメリーが大好き。回っている間はゴキゲン。
・カシャカシャなる布絵本の音が大好き。
・ぐりこに顔を舐められると、顔をしかめる。
・ぐりことポン太の頭をぺしぺしする。
・ガーゼのハンカチをつかんで口に持って行く。
・頭をおおわれるのが嫌い、帽子大嫌い。
・ベビーカーの中でも頭におくるみがかぶさりすぎると激おこ。
・ほっぺを両手でなでられるのが好き。キャッハーいっちゃう。
・足やおしりや体中むっちむち。肉の谷間にかすがたまってママン衝撃。

などなど。

段々テレパシーが通じて来た感じがします。
なんで泣いてるのかが不思議とわかる様になってきた。
これはファザアにはわからないみたいね。
マザアの特権でしょうか。









IMG_7137.jpg

↑でも書いたけど、カシャカシャなる布の本がすごい役立ってます。
お友達からお祝いで頂いたのですが、このカシャカシャっていう音が赤ちゃんを鎮めるらしく。
彼女も自分のbebeが泣いて困った1歳まで、すごく役立ったそうで。
泣いてる時にこのカシャカシャ音をならすと不思議に泣き止む。
うちも試してみたらそうでした。
ベッドにつけておくと、自分の手が触れてカシャカシャ鳴ったりしているのでお遊びにも良いみたい。
(夜中にカシャカシャ聞こえると、動いているor起きているとわかる目印にもなったり)


pagetop ↑

今週を振り返り、そして反省

2013.12.16(Mon)

『生後1ヶ月』 Comment-Trackback-
あっ

というまに週末。

日々何をしてるというわけでもなくて
ムスメと遊んでお世話をしているうちに一日が終わるという繰り返し。
なんとも贅沢な時間だなぁと思いながら暮らしています。

週末は旦那もいるので
掃除機をかけて床モップをかけて、棚やらなんやらの拭き掃除をしてもらったり。
私はその間、ムスメと犬を連れてロングお散歩をしてきたり。

週末は、ムスメ、夜10時前には寝てくれて
昼間も起きている間は大体ゴキゲンで、それ以外はお昼寝と
1ヶ月前から考えたら信じられない程の楽さ。

1ヶ月前は、起きている間は大体パイの催促で泣いているばかりで
常に「早く寝てくれ」と思っていたけれども
最近、起きている時に超絶ゴキゲンだったり、一人で遊んでいたり、
カワイイ笑顔でこっちを見ていたりするものだから
寝ないでもいいよ?と思ったり。

そう言えば、昨日の悪夢の様な匂いの記事を見た
ブルターニュちゃんからLINEで、「脇の下も気をつけろ」と言われたので
そういえば、と思ってお風呂で今日チェックしてみると、大変な事になっていた。
それはもう、「そう言えば産まれてから今日まで一度も洗われていませんでしたてへぺろ」みたいな
なんかすごいナニかがモリモリ出て来てビックリした。

至急、必死に洗いました。




ダメなマザアでゴメンネ。






IMG_7086.jpg

手しゃぶりをする様になったここ数日。
ハンドリガーズってヤツはまだ見てません。
(※Hand regards=自分の手を認識してじっと見つめる事。初めて自分を認識するのが手なんだそう。)

pagetop ↑

驚きの匂い

2013.12.14(Sat)

『生後1ヶ月』 Comment-Trackback-
ムスメに顔を寄せると、時折ふとクサい。

こんなにカワイイ乳児がクサいはずがあるまい。
自分の鼻がクサいのか?と、納豆風なその匂いに首を傾げていたのですが、ニオイの元、発見。

なんとムスメの首の肉がプニプニすぎて、そのしわの間がきちんと洗えていなかったみたいで、そこからにおってきていたのです。
首の肉割れを必死にのばしてみたら、垢みたいなかすが!!!そしてプーンとクサさが。

驚いちゃったよもう。
つか、ちゃんと洗えよワタシ。

毎日お風呂入れてしっかり洗っていたつもりだったのに、あまりに深い肉の谷間にウッカリ洗い残してしまっておりました。
今度こそお風呂で間違いなく、首の肉をしっかと開いて洗ってやりましたとも。
太ももとか肘とか、肉がむっちり谷間を作ってる所もれなくチェックして洗いましたさ。



「くさーー!」とか言いながらついつい何度もかいで、しまいにはムスメカワイイあまり、いい匂いな気がしてきちゃうんだからもうごビョーキ。







IMG_7062.jpg

もうクサくないよキャフー。

pagetop ↑

すごい勢いの成長

2013.12.11(Wed)

『生後1ヶ月』 Comment-Trackback-
ここ数日のムスメの進歩がめざましい。
現在1ヶ月と3週目。(つまり生後7週目)

・メリーを見て笑ったり、一人でメリーを見て過ごせる。
・話しかけたり笑いかけたりすると笑う。
・手しゃぶりをする。
・声を出してなんか言ってる。

反応が返って来るってだけで、いきなり愛しさUPするからすごい。

今までももちろん可愛いかったけど、とにかく自分、必死&ムスメもなんだかよくわかってない感が満載(犬の方が心が通じてる感じだし)で、お世話するのでイッパイイッパイな日々だったのだけど。
反応が返って来たり、笑い返されたりすると、ゲンキンな物で、もはやアナタのためなら何でもします!っていう気持ちになる。

この世に自分より大事な物が出来ると思わなかった。

そんなムスメは、今日もゴキゲン最高潮でうんこをモリモリいたし、昼間は機嫌良く沢山寝て、夜はグズグズ深夜までやって、なんとか0時過ぎて寝た?って感じなので今ブログ書いてる次第。
もちろんこれはブラフで普通に突然泣き出して起こされるヨカンがするのだけども。
だからそうそうに書き上げようと、文章も大体おかしいのだけども。


あとそれから、オムツのサイズがもう一番小さいのじゃ無理になって来た。
だけどあと一袋あるから、これだけ必死に使っちゃうよ。



すごい成長速度だなあ。



pagetop ↑

Chicorée たんぽぽコーヒー

2013.12.09(Mon)

『母乳育児』 Comment-Trackback-
Chicorée(シコレ)というノンカフェインの偽コーヒーみたいな飲み物はフランスではおなじみなのですが、よく考えたらこれって日本で母乳の出を良くするのに推奨されてるタンポポコーヒーと同じか?と思って買ってみました。

タンポポの根を焙煎して飲むノンカフェインのなんちゃってコーヒーみたいな飲み物ですが、私は割と好きな味でした。ほんのり自然な甘みもあって、香ばしい香りがします。
パイがよく出てるかどうかは不明だけど。
スーパーでも手軽に買えるし、私はBIOのマーケットで買ったけど、どこでも手に入ります。

特にノンカフェインとか気にしてないけれど、温まるし冬の飲み物にはいいかもよー。
ところでこれを飲んだからパイが出てるかどうかは不明ですが、最近はムスメがパイを吸い始めると、びしゃびしゃと両パイから噴射する様になってきました。
さし乳ってヤツになってきてるのかすらー?

pagetop ↑

生後1ヶ月3週 授乳タイムテーブル

2013.12.08(Sun)

『母乳育児』 Comment-Trackback-
自分用メモもかねて、最近の一日の授乳スケジュール。

7時 授乳(パイ)
   二度寝

10時 授乳(パイorミルク90ml)外出がある時はミルク
   お昼寝or起きて遊び
13時 授乳(パイ)
   だいたいダラダラとお遊びタイム 一人でメリーなど見て機嫌良く1時間ぐらいは過ごせる
15時 授乳(パイ)
   お散歩や買い物など 出かけると寝ちゃう
18時 授乳(パイorミルク30ml) 
19時 お風呂
20時 授乳(パイ&ミルク90ml)
21時〜24時 就寝 日によって眠れる時間がまちまち

3時 授乳(パイ)深夜授乳の際、30分程度でさくっと終了して再びさくっと寝てくれる様になった。快挙。

朝の目覚めに続く。


午後はパイはご要望に応じて好きなだけあげてます。家にいてあげられる状況な限り。
夕方から就寝時間にかけては機嫌悪くなってくるので、パイもミルクも好きな様にあげてます。
そうする様になってから寝付きも良くなって楽になりました。
今まではなんとしてもミルクをあげないでパイで!って感じで必死になってたのだけど、もう気にせずミルクもあげる様になった途端、パイが噴射する程出て来る様になってきた。
パイの仕様が段々軌道に乗って来たのと、ふっきった途端にストレスが軽減されたのと両方なのかな。
とにかくパイがビュービュー飛び出るとか聞いてもウソだろって思ってたのですが、最近はムスメがパイを飲みだすとパイがギューっと痛くなって、そのままビュービュー噴水みたいに噴射します。

ムスメの顔にびしゃびしゃかかって申し訳ないけど面白くて笑ってしまう。

pagetop ↑

スリング

2013.12.07(Sat)

『赤ちゃんアイテム』 Comment-Trackback-
モナコにスタバがオープンした。
広々した店内で、シアトル風なカフェラッテを飲めるヨロコビに、お友達を誘って朝からカフェに。
頼んだのはチャイラテだけども。
長々居座って、朝ご飯〜ランチまでスタバで過ごして帰宅。
専業主婦ってこんな日常なんだ〜いいな〜とか思った。
ムスメは終始寝ていて、途中グズグズなったけどミルクをあげたらまた寝。

午前中から昼過ぎまで、ぐっすり寝たせいか、午後のグズグズが止まりません。

ふと、日本からもって来てもらったスリングを使ってみる。
エルゴはもってるのだけど、エルゴってごつくて付けるのが面倒なのと、つけると動きが制限される様な感じがして。スリングはもっと身軽なんじゃね?とか思って買ったのだけど、付けるのが難しい。
何度か挑戦したけれど、ムスメがギャン泣きするので諦めていたの。




懲りずにトライしてみた。




IMG_6951.jpg

寝た。
コテっと寝た。


そのまま両手もあくし、椅子に座って今現在もブログ更新が出来ちゃう勢いでこれはいい。

買ったのはこれ
見た目なかなか素敵な色も多いし、ドレープが綺麗で良い感じです。
おうちでささっと使うのに丁度いいかな。
でも外出するときはやっぱりエルゴが安定感あっていいかも。

スリングの中でハンズフリー授乳が出来ると完璧なんだが、なかなか上手くいかない。

そんな事よりスリングにムスメを入れた状態が、大木に小さい蝉がとまってるみたいで。
自分の分厚さ、大木具合に絶句。



pagetop ↑

Mollisのおしゃぶり

2013.12.06(Fri)

『赤ちゃんアイテム』 Comment-Trackback-
そろそろ腹のだるだる具合に危機感を感じて、産後検診も終わった事だし、産後ガードルを履いてみたりする。
ガードルの上にたっぷり乗った、自分の背脂にギョッとしています。


これは、落ちるのだろうか…。
どう考えてもこの勢いで食ってたら落ちないな。
食欲なんとかしないと…。

ムスメは日に日にカワイイのですが、最近、ゴキゲンMAXで大人しく一人遊びをしている時=うんこタイムという事が発覚。
うんこにたっぷりまみれてゴキゲンです。
その法則になんとなく気づいて、今日も最高潮のゴキゲンの時にオムツをチェックしてみたら、案の定。
しかしそのうんこまでもカワイイからもう病気。

ちょっと前まで、便秘気味の事が数日続いていて、帰国した母もそりゃあ心配していて。
ここ数日、毎日しっかりお通じのあるムスメ、思わず出た物まで写メ撮ってLINEで送ろうとしちゃったけどとどまったよね。








IMG_6894.jpg

ところでこのムスメの頭の横っちょにあるおしゃぶり。
母乳教室でフランス人ママンが教えてくれた、母乳ベベの為のおしゃぶり。
平べったい形で乳頭混乱しづらいんだって。
で私も買ってみた。まあまあ良い感じです。
Mollisという名前です。
私はGrandir Natureで買ったよ。
結構いい感じで使っていますが、お腹が空いて来た時に間違ってこのおしゃぶりをくわえさせると、鼻息ブンブンならしてブヒーブヒーー言いながら、「パイ出てこない!パイ出てこない!!」って激おこになるので要注意。

pagetop ↑

産後1か月検診と今日のムスメ

2013.12.05(Thu)

『小児科・健康』 Comment-Trackback-
産後一か月検診(私の)に行ってきました。

これまた初めての、ムスメと二人で車でお出かけ、でした。
チャイルドシートがベビーカーにドッキングする物で、家からパーキングまではベビーカーで、車に行ったらチャイルドシートを外してそのまま設置という感じ。
難関はマンションの地下駐車場に降りる時、5段ぐらいの階段がある所。
どうしたもんかなーと思いながら行ってみて、どうにもならんのでそのままごんごんすすんでみました(汗)

ムスメは車に乗ればすぐ寝てしまうので、ドライブ自体は楽ですが、チャイルドシートに乗せて、車にセットして、ベビーカーの足をたたんで・・・ってのが結構大変。

1ヶ月検診では、産後の肥立ちは良好との事。
もう普通に生活してOKと。
入浴もOKが出たので、ゆっくりバスタブにつかりたいです。
フランスではperineのリハビリという奇妙なヤツが産後、社会保障でついてきます。
先生曰く、リハビリ要らないぐらい戻ってるけど、タダだから、暇だったら行っておいでとの事で処方箋書いてもらいましたので暇だったら行ってみます。
ペリネのリハビリっつのがどんなもんなのか気になるし。
ペリネだけじゃなくて、アブド(お腹)とかを戻す体操みたいなのも教えてもらえるらしいので。
10回まで有効な処方箋なので行ってみたいと思います。
が、ムスメどうするかね。


最近のムスメ、明らかに笑う様になってきました。
ゴキゲンの良い悪いがある、声をかけたり思いっきりあやしたりすると笑い返してくる事がたまにあり。
少し声を出す様になってきました。くはーとかくかーとか。
あとメリーのオルゴールを回すと、お腹がすいたとかじゃない限り機嫌良く一人で遊んで待てるように。
これはかなり快挙で、おかげでお昼ご飯がゆっくり食べられる様になりました。
…といってもメリーが止まると怒りだすので、常にギコギコねじをまわしてないといけませんが。
もっと長い事回るオルゴールのメリーを買えばよかったよ(涙



IMG_6834.jpg

ぐっふー♡



あと、超絶ゴキゲンの時はうんこをしているという事が発覚。

pagetop ↑

授乳状況:1ヶ月半

2013.12.02(Mon)

『母乳育児』 Comment-Trackback-
産んだその日から私を大混乱に陥れた元凶は、なんと言っても「母乳育児」。

もっと簡単にじゃーじゃー出ると思ってた。
そして、もっと単純に母乳とミルクと使い分けられるもんだと思ってた。
こんなに『母乳育児』って、大変でそして色々とやかましい茨の道だと思ってなかったわ。

とにかく母乳育児でググるだけで出て来るいろんなページのいろんな話。
見てるだけでなんだか憂鬱になって来る程、「アレしちゃダメ」「これ食べちゃダメ」「アレしなきゃだめ」。
頻回授乳、乳頭混乱、完全母乳、ヤダなんか怖い!

もちろんネットなんてのは、上手く必要な情報だけピックアップしてってのが基本中の基本なんだけど、なんせ産後でテンパッてる。そして母乳が出ない=我が子のライフラインが危ない みたいなタイミングだと翻弄されやすい。普段だったらスルーできるのに真に受けてしまったりとか。

私が思ってたのは、とにかく保育所に預けるまでは母乳で、保育所行き始めたら、母乳と搾乳ミルクでいっか?なんて簡単に考えてた。
ところが、母乳がなかなか出やしない。搾乳なんてトンでもない。今だに、一日120ml搾乳できたらばんばんざい。
でもそんなに搾乳してる余裕は滅多にない感じ。

一ヶ月検診では母乳だけでいってOKと言われたけども、なんだか足りてない気がするし、夜とかなかなか寝なかったり、泣き叫んだりすると、家族からの「ミルクあげたら?」な無言の気配にミルクをあげてしまう。
「ミルクあげたって少しぐらいいいじゃん。ちょっと楽しないと。」と「ミルクあげてたら母乳ドンドンでなくなる」という自分の中の二つの声ですごく悩む日々。

これからの方向として理想としては、母乳よりの混合がいいのかなと思っています。
実際問題、仕事を始めたら搾乳したミルクで日中のんでもらうのは私の母乳の量では難しいと思う。
という事はミルクを飲めないといけないわけで、そうすると今からミルクや哺乳瓶にも慣れておいてもらった方がいいのかな?と。
でもこのミルクの足し方がすごーーく難しい。
足しすぎると、足した分だけ今度は母乳がでなくなる。
それからミルクは哺乳瓶だとのむのが簡単なので(もちろん母乳向けの母乳相談室やmollis、nukといった哺乳瓶使用)母乳をのまなくなってくる、とかとか。
心配するとホントどうしていいかわからなくなってきて。

今の所のスケジュール、大体は

6:00 授乳(パイ)
   寝る
9:00 授乳(パイ)
   一人遊び or お散歩 
12:00 授乳(パイ)
   一人遊び or 外出
15:00 授乳(パイ)
   この辺りからどうやらパイの出が悪くなるっぽく、3時間もたなくなる。頻繁にパイ。
18:00 お風呂、パイ+ミルク(60ml〜90ml)

20:00 寝る(を目指してるけどなかなか寝ない)
    ぐずぐずなったらパイ。
23:00〜2:00 この辺りで就寝
1:00〜   就寝時間次第だけど、一回深夜の授乳
    (寝付いたのが遅いと朝6時まで起きない事も)

一日のパイの回数は8回〜15回。
ミルクは1〜2回で、合計で120ml以下になるぐらい。

ホントはこのぐらいのミルクだったら辞めちゃってもいいみたいなんだけど、夜それだとなかなか厳しくて。

とりあえず1ヶ月半はこんな感じ。

pagetop ↑

初めて二人お出かけ フランス出生届け

2013.12.01(Sun)

『生後1ヶ月』 Comment-Trackback-
金曜日の事、初めてムスメと二人きりで外出してきました。

エルゴにするか、ベビーカーにするか迷ったけれど、結局ベビーカーで。
朝の授乳を終えて、次の授乳まで3時間はマッタリタイムになるはずなので、その間に。

出かけた先は、モナコにあるフランス大使館。
うちの娘の場合、二十歳になるまでは日本国籍とフランス国籍を有する事ができます。
国籍は両親に異存するので、(モナコの場合は生まれたからって国籍がもらえるわけじゃないです)そのための手続きが必要で。

日本大使館はモナコにないので、パリの大使館がモナコ在住の日本人の為の業務を代行してくれます。
日本国籍については在パリに本大使館で。
フランス国籍については、モナコにあるフランス大使館でその申請をしました。

こうしてフランス、日本それぞれに出生届けが受理されると、今度はパスポートの申請。
やる事色々あります。




今回初めてベビーカーでバスを乗り継いでお出かけしたのですが、モナコって妊婦だけじゃなくて子連れ(ベビーカー連れ)にも優しいなあと思いました。
バスに乗る時も、必ず誰かが手を貸してくれるし、バスに乗ったら必ず中央の広いスペースをベビーカー用に譲ってくれるし、ドアも開けてくれるし。
日本だと、電車に乗る時はベビーカーをたたまないといけないとか、色々聞きますが、何故こんなに違うのかな。

でもフランスでは子供や子連れに優しいからって、子供や子連れが何でも許されてるわけでもないです。
子供がふざけたりうるさくしていたら、当然親が注意すべきだけど、親が注意していなければ、周りの大人が厳しく注意するし、子供が来ては行けない場所も沢山あります。
レストランやバーやその他色々、大人のための場所に子供はつれて行かない様にキッチリしてる。
その辺のメリハリは犬との暮らしで感じているものに似ているかも。


pagetop ↑

♥ About me

こぐまちゃん

Author:こぐまちゃん
モナコで妊娠〜出産
2013年10月18日、女の子が産まれました。
満一才までの妊婦時期〜育児の記録です。

♥ New entries & Comments
♥ Calendar
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
♥ Categolies
♥ Archives
♥ おかいもの
♥ 成長記録
♥ Links
♥ メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

♥ Serch

pagetop ↑

Copyright © 2013 こぐまちゃん all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。