スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

離乳食13日目

2014.03.31(Mon)

『離乳食』 Comment-Trackback-
離乳食開始から2週間も過ぎようとしていますが、いまだ一進一退。
食べる日もあれば、泣いて全く食べない日もあったり。

今日はさやに入ったグリーンピースがあったので離乳食用に調理してみました。
でもこれ、ものすごくめんどくさかった…。
最初にさやからだして、さらに皮をむいて、中身を水煮にして、大した量じゃなかったのでフープロかけづらかったので、ミニすり鉢ですりつぶして、さらに味噌用の小さなざるでこして…。

こんだけ手をかけたのですが、ムスメには大不評。
一口食べたらンベーーっとされました(涙

やっぱりテクスチャーがなんか粉っぽいっていうか、豆特有のざらっとした感じがするので、おそらくそれが嫌だったのかなあ?

殆ど食べなかったので、夕ご飯のときに離乳食再チャレンジ。
作って冷凍しておいた10倍粥と、市販の瓶入りジャガイモ&カボチャ。

10倍粥はミルクでのばして小さじ二杯。
ジャガイモカボチャも小さじ二杯。
計小さじ4杯、なんだかんだと食べました。
今までで一番食べてくれたかも?

食べられるときは、口をあーんと開けてくれます。
拒否のときは顔をぷいっとそむけたり、泣き出したり。

あとは食べながら手を口につっこんだり、ブンブン顔を振り回したりするので、かなり食後はアチコチべとべとのドロドロ。これはもう覚悟するしかないのでしょうね。

イマイチ食べたり、食べなかったりで、食べたいものもよくわからなかったり、謎です。

5ヶ月はミルク以外の物をスプーンで口に入れる練習、というつもりで、嫌がったらすぐ辞めて、少しずつ進めていけばいいかな。

スポンサーサイト

pagetop ↑

離乳食9日目

2014.03.26(Wed)

『離乳食』 Comment-Trackback-
前回のエントリーでは「食べた!」と喜んでいた離乳食
ここ数日で、またイヤイヤモードに逆戻りです。

あげているものは10分粥と、今週に入ってからズッキーニのピュレ。
どちらもかなりトロトロの水分多めでスープかポタージュぐらいの状態。
何口か口に入れて、そのままモゴモゴして飲み込むときもあれば、
べーっと出しちゃう事も。
そしてそのうちスプーンを口にもって行くと、口を真一文字にぎゅっと結んで拒否の意を示すので
そうなったらもうおしまいにしています。

ミルクは大好きで、哺乳瓶を見ると「あわーーーあわーーわーー!」て大騒ぎして口をパクパクします。

あんまり離乳食を食べないので、試しに瓶詰めの出来合い離乳食を買ってみました。
Potiron et pomme de terre, かぼちゃとジャガイモ。
4-6ヶ月用のピューレ状です。

2回目の11時頃にあげてみたけれど、お腹が空き過ぎだったみたいで、ギャン泣き拒否され撤収。

その後、夜の最後の授乳前にあげてみたところ、すごく変な顔をしたり、なんか気を紛らわせようとニヤニヤしながらよそ見をしたり、ポン太やぐりこを見て爆笑したりと、よくわからないリアクションをとりながらも、小さじ1.5ぐらいは食べる。

うーむ、なかなか進みません、うちの離乳食。
結構手強いかもしれません。



旦那と私の子だから、きっと食いしん坊だと思ったのになあ。

pagetop ↑

ランジェリーのリハビリ

2014.03.23(Sun)

『ママアイテム』 Comment-Trackback-
産後は、妊娠後期から愛用していた、「モーハウスブラ」オンリー。
熱烈モーブラ愛好家と化しておりました。











だって、楽なんだもん。
すごく楽でもうこれつけたら他つけらんないよ!ぐらい。

特に妊娠中とか産後直後とかは、アチコチ張ってたり痛かったりするので、モーブラ以外つけられないぐらい。
4枚ももっているので毎日使ってきました。


だけど最近、母乳も終了して、ふと気づくとあんだけパツパツに勝手に張ってたパイもなんだかだらんとしてきた。
お役目ごめんとなってションボリしたのかしら?ぐらい。

このままだと乳がヤバい事になる!と、ワイヤー入りの手持ちのブラを物色するも、いっこもサイズなんか合わない事になっている。
フランス製のブラって、ワイヤーが華奢だったり、布がぴらぴらしてたりで、イマイチパイをしっかり支える作りになってなかったり、Aubadeとかのしっかりタイプもあるけれど、フィッターさんがイマイチ信用ならなかったり。

という事もあって、日本にいる時に百貨店のランジェリーコーナーでしっかりサイズを見てもらってフィッターさんに選んでもらって産後の体型矯正のためにブラを新調してきました。










フィッターさんにきちんとサイズを見てもらって、授乳後のだらけた体にも苦しすぎずにフィットする下着が、ワコールのラゼというライン。

-5歳に見える、脱ぎたくないブラ、とかいうキャッチフレーズ、そう、つまり中年女ラインなの(涙)
でもこれすごく良いです。おばちゃん下着みたいなデザインじゃなくて、大人っぽくも華やかだし、レースや色も素敵。
モーブラでおばちゃん通り越しておじちゃんみたいになっていた私には、何とも女性らしい下着でウキウキします。
矯正してくれるのに、付け心地が軽くて楽チン。







もひとつ、同じくワコール・ラゼのシリーズから。
こちらの方がしっかりホールドする感じ。でも苦しくない。



産後の体、まだ全然体重が戻ってないし、胸も授乳という一大任務を終えてすっかりおつかれ様な事になっていて、やっぱりちゃんと支えたらな、みたいなね。

ついでにショーツも一緒に買いました。
ユニクロの楽チンなシームレスも妊娠中から続けて愛用してるけど、ちょっと素敵ランジェリーも着ないとダメだよね。




pagetop ↑

ベビーカーで電車@日本

2014.03.23(Sun)

『2014年3月 日本里帰り』 Comment-Trackback-
今回の里帰りで心配だったのが、日本の公共交通機関でのベビーカー利用の是非について。
ネットを見るともの凄く叩かれているんですよ。
ベビーカー利用者が。

なので本当にビクビク緊張していました。

モナコ(やフランス)ではベビーカーを公共交通機関はもとより、どこで使ってもあまり何も言われません。
パリとか大都市はまたちょっと違うかもしれないけれど、ともかくここ南仏では、ベビーカー利用についてバスでも電車でも、スーパーなどでも、肩身の狭い思いとかした事がないので、日本に行ったら郷にいれば…で、日本式に合わせなければとココロの準備をしておりました。

実家が都心ではないため、毎回でかける時には電車利用が必須でした。
電車もしばらく乗ってない間に、線が増えたりしていたので、ネットで事前の乗り換えチェック、エレベーターのチェックは欠かさず。
私は帰国するときは、レンタルのwifiモデムを借りているので、常時iphoneが利用可能なので、ネットでの検索などもさくさくできてホントに便利でした。

それから持参したBabyzen yoyo(ベビーカー)が大活躍でした。
軽くて小振りなベビーカーは日本で動くのにすごく便利でした。
やっぱりいくら小振りとはいえ、Stokke Scootでは色々無理がありすぎたと思われます。



さて、電車に乗る時に気をつけた事など。

□ラッシュ時を外す
当然と言えば当然ですが、朝は10時以降、夕方は5時前までに移動が済む様なスケジュール組みを。
それが叶わないときはタクシーを使ったり、ホテルをとって宿泊にしたりしました。
そのせいか、殆ど肩身の狭い様な思いはする事もありませんでした。


□最前部の車両に乗る
ここに乗るとですね、運転士室すぐの最前部が座席がない状態なので、そこにベビーカーをつけておけばじゃまにならないのです。あと、最前部の車両には、車椅子の為の座席のないスペースもあって、当然空いていて、車椅子の方がいない場合ですが、そこを利用する事もできました。
最前部とか、最後尾の車両は大体において空いているので、時間に余裕を持って移動して、常にちょっと歩いても端の車両を使う様にしてました。


□エレベーター利用
エレベーターには、利用優先順位の看板が一応ついていて、ベビーカー利用者もその対象になっています。
なのでここは普通に遠慮せず(かといって出しゃばらず順番を守って)利用していいと思います。
コロコロと派手なキャスターつきのキャリーをひいたギャル達がエレベーター待ちをしていたのですが、後から来たベビーカー連れの私に、「あ、どぉーぞぉー」とか、先に乗せて譲ってくれたのにはちょっと嬉しかったです。


□エルゴ持参
何があるかわからないので、一応常にエルゴは持参していました。
結局一度も使わなかったけれども。



□Suicaは常にチャージ
外国在住者ですが、suicaをもって常にしっかりチャージしておく様にしました。
途中、コインロッカーを使ったりするのにもSuicaでささっと支払ったりできて、便利でした。



事前に怯えていたほどは、乗り辛いという印象はありませんでした。
でもやっぱりラッシュ時に乗っていなかったからってのが大きいと思います。

こちらだと、大手を振って、ラッシュだろうがなんだろうがベビーカー連れの人も乗って来るし、周りも赤ちゃんやお年寄りは皆で守ろうという当たり前の空気を感じます。
日本だと、爺婆や赤子はラッシュの電車になど乗るなという感じがするかな。






IMG_8653.jpg

電車の移動もおりこうで、泣いたり騒いだりする事もなかったムスメ。


一度だけ、沿線事故が発生、とかいって、1時間も電車の中で待たされてしまった事がありました。
段々混んで来る車両、ムスメもずっと大人しくしていたのですが、ミルクの時間になってしまって、泣き出してしまいまして、ベビーカーに乗せたまま慌てて準備してミルクを授乳しました。
幸い飲んだら大人しくなってくれたのだけど。
でもこういうときに、焦って来ちゃうと思うし、そういうときのあの「なんとかしろよ」な空気はいたたまれない。
だって、こちらも帰りたいわけで、電車を降りたらますます帰れなくなるわけで、そうするとますます子供には困るわけで。そんなときはタクシーもイッパイで、寒空の下待たせるわけにも行かないし。
泣かなかったから良かったけど、あれでギャン泣きとかになっちゃったら… あの空気感は辛いなあ。


pagetop ↑

お洋服♡Bonpoint, Zara mini, Zara baby

2014.03.23(Sun)

『赤ちゃんアイテム』 Comment-Trackback-
最近購入していたムスメ服。

現在5ヶ月のムスメ、きている服は6mois(6ヶ月)サイズの物で、ピッタリなのは64cmとか。
今購入するときには、Bonpointだと12mois(12ヶ月)、zaraは大きめな感じなので、3-6mois(68cm)を買ってます。
それでもzaraはなんか大きいです。



♡Bonpoint♡

IMG_8959.jpg
Bonpointオリジナルのリバティープリントのコンビネゾン。
この形すごく好き。




IMG_8958.jpg
同じくコンビネゾン。
お揃い柄布で、私用のコンビネゾンも購入しました。





IMG_8960.jpg
ブラウス。
全く同じ、柄と形で私用も購入。
これすごくカワイイんだけど、洗うとしわくちゃになる生地で毎回アイロンなのが(涙)





IMG_8961.jpg
春〜夏に羽織れる薄手のカーディガンと、白のシンプルなブルーマー。
カーディガンは店員さんから、コンビネゾンと合わせるのにオススメされました。
こういうハッキリしたピンクとか好きなのです。

Bonpointでは自分用にYambonpointでお揃いアイテムを購入するのが楽しい。








♡Zara mini et Zara baby girl♡

通販で購入していますが、とにかく安い!!!
山ほど買ってもBonpointのカーディガン一枚分くらいの値段だったりするので驚いてどんどん買ってしまって危険。



IMG_8969.jpg
セットアップ。
ブルーマーを変えて着回せそう。





IMG_8968.jpg
部屋着風なパンツ。





IMG_8966.jpg
レギンス。
ジーンズ風レギンスがカワイイ。






IMG_8963.jpg
こちらは74cmサイズなのでちょっと大きめ。
柔らかい生地のガーリーなデニムとレギンス。
レギンス系はホントよく使える。






IMG_8962.jpg
ベージュのブルーマー。暖かくなったらブラウスやワンピースの下に、素足でそのまま、寒いときはタイツと合わせてはけますね。オムツ時代ならではのカワイイアイテムだと思います。






IMG_8964.jpg
靴下。






IMG_8965.jpg
スタイ。
ヨダレ姫なので。







IMG_8967.jpg
パジャマ。
冬用のベロア素材だと暑苦しくなってきたモナコ。薄手コットンのパジャマです。




着れなくなったお洋服は、二ヶ月後に産まれた友達のムスメっちのところへ横流しされています。
だから2人分着てくれる!と思うと、あっという間に着れなくなる「もったいない感」も薄れてちょっとお得感。

pagetop ↑

仕事復帰

2014.03.23(Sun)

『生後5ヶ月』 Comment-Trackback-
今日から仕事復帰です。
保育所が始まるまでは、当面土曜日のみのフルタイム勤務。
ムスメは旦那に見てもらいます。

旦那には当面土曜日は、ムスメとお留守番してもらいます。
ミルクと離乳食のお世話、お散歩、オムツ替えに加えて、できる範囲の家事と、晩ご飯の支度まで頑張ってもらいます。

久々の仕事復帰は慌ただしくて、あっという間の一日でした。

もっとムスメが恋しくて大変な事になるのかと思いきや、驚く程あっさりと仕事をしている間はムスメの事を忘れている自分に愕然としました(汗)

それは日本に里帰りしていた時も、一日だけ、母に預かってもらって、朝から夕方まで出かけていた日があったのですが、その日も本当に全然平気で過ごしてしまいまして。
同様に、ムスメも全くぐずる事もなく、ペロっと平気な顔して一日過ごしてくれていたみたいで。
お互いあっさりした母娘なのかもしれません。

それもこれも、離れている間、家族が見てくれているっていう安心感あっての事だと思います。
これが知らない保育所での預かりになったらどうなるのかな。

とか、心配するふうを装っても、きっとまたペロっと平気な顔してこなしちゃうのかもしれません。
特にムスメが。


IMG_8954.jpg

親離れ、子離れ、意外とスムーズにできるパターンなのかもしれません。
ワタクシタチ。

pagetop ↑

5ヶ月検診

2014.03.22(Sat)

『生後5ヶ月』 Comment-Trackback-
生後5ヶ月検診。
始めて旦那も一緒に行って来ました。

フランスやモナコ特有なのか?結構検診にお父さんも一緒に来てるパターン多いです。
今日も待合室では、お父さんもいっしょに待ってる人が6組中3組と、実に半分。

今日は注射もなくてゴキゲンだったので良かった。

身長:64cm(前回62cm)
体重:7200g(前回6600g)

ホントにどんどん重く大きくなって来て、抱っこしてるのが大変になってきました。
そのくせまだ腰がしっかり座ってないので抱きづらいし。

離乳食については、フランスだとお米は6ヶ月過ぎてからなので、今10分粥をあげてる事は言えずにいたワタシ。
野菜から始めてる事にしてごまかす。
一回の離乳食の量が120gとか指示されてビックリな量ですが、もうこのへんは適当に聞いて、ムスメの食べ方とか反応を見ながら少しずつやっていくつもり。

野菜をある程度の量食べられる様になったら、2回食にして午後にコンポート(果物のピューレ)をあげる様にとの事。
これも1瓶相当の量とか、多すぎるんじゃあ?!と思うけど。

野菜は、「乾物以外なら何でも」と。レンズ豆とかの乾いたお豆とかはあげたらダメなんだと。
あとは色の薄い野菜からという事でした。
カブとか、ズッキーニとか、カリフラワーとかだそう。

明日は産後初、仕事復帰。
保育所が始まるまで、当面土曜日の夫がムスメを見てくれる日だけ出勤再開します。
なんかもう、体も頭も全然仕事モードじゃないからリハビリが大変そう…。

pagetop ↑

離乳食4日目、5日目

2014.03.21(Fri)

『離乳食』 Comment-Trackback-
先日のブルターニュさんのアドバイスをもとに、10分粥をミルクで少しのばしてみました。

そのせいかどうか、よく食べてくれた4日目、5日目。



IMG_8946.jpg

こちらは4日目の食後の様子。
殆ど食べてくれた。

5日目はペロッと完食でした♡

スプーンをもつと口を開けて前のめりになってご所望な勢い。
あーよかった、食べてくれる!

初日と二日目の拒否っぷりがひどかったので心配しましたが、これで大丈夫っぽい。
今週は日曜日までおかゆさんで、来週月曜日からズッキーニを追加してリベンジしましょう。

pagetop ↑

日本でお買い物

2014.03.20(Thu)

『赤ちゃんアイテム』 Comment-Trackback-
今回は夢の赤ちゃん本舗にも行ってきました。
やっぱり売ってるものが色々ありすぎて、楽し過ぎました。
海外で育児中の日本人母だったらきっと行ったら楽しすぎると思う。

私もアレコレ色々と買ってきました。

特に良いなと思ったもの。

・ベビーカー用の荷物フック 
こういうの、こっちではホント売ってない。これはクルクル廻るのと廻らないのとあるのですが、廻る方がいいと思う。

・ブランケット用のクリップ
これもベビーカーでブランケットが落ちない様に使ったり、ベッドでも使えると思います。

・赤ちゃんせんべい
7ヶ月頃になってから食べさせるものですが、こちらの離乳食のチョコチップ入りクッキーとか見るとぎょっとするので、日本製の仕入れてきました。

・赤ちゃんポカリの素
機内の水分補給用に購入してきました。

・歯磨きジェル
ずべちゃんに薦められて購入。まだ歯はえてないけども。

それ以外にも色々細々としたもの仕入れてきました。
でももうちょっとゆっくり見たかったなあ。




そして、これは赤ほんじゃないけど、スイマーバも購入。
お風呂大好きなムスメなのできっと気に入ると思ったら







IMG_8940.jpg

案の定。
超ニヤニヤして満喫してました。

スイマーバってのは首に装着する赤ちゃん用の浮き輪みたいなヤツで
つけてプカプカする姿が悶絶モノの可愛さなので日本では結構人気がある様子。

プールとか、海でも使えそうだし、こっちでも使うのが楽しみ。

pagetop ↑

離乳食2日目

2014.03.20(Thu)

『離乳食』 Comment-Trackback-
あまりの初日の嫌がりっぷりに、食材が悪かった?!と
十部粥を作る。

炊いたご飯50gに、水250mlで小さな鍋でおかゆにしてからフープロでトロトロに。

お昼の授乳の前に挑戦。
が、しかし、やはり一口食べたらべーっと。

そのうち泣き出したので終了して、ミルクを普通に飲ませました。

ブログを見たブルターニュさんとLINEで経過報告などし合っていると
ミルクを入れると食べやすいみたいなんていうアドバイスを頂いたので次回は挑戦してみる予定。

今週の金曜日は小児科検診なので、とりあえずそこまで少しずつやってみて、またドクターに相談してみるつもり。


pagetop ↑

離乳食1日目

2014.03.18(Tue)

『離乳食』 Comment-Trackback-
という事で、5ヶ月に入る一日前、離乳食始めてみました。

初日は旦那も同席したい!ということで、夕ご飯での投入となりました。

日本式にコメにするか、フランス式に野菜にするか悩みましたが、コメは穀類なのでフランスでは6ヶ月以降の投入となっていたり、アレルギー誘因も野菜よりは注意が必要とかあるらしいので、無難にズッキーニから。

皮をむいて種を取って、柔らかく煮てからフープロでトロトロ状に。




IMG_8938.jpg

小さじ一杯のトロトロズッキーニ。
味見してみたけど、ほんのり甘くてまあ悪くない?じゃない?って感じ。
旨くもないが。












IMG_8939.jpg

んであげてみたら、この顔で拒否。
「ボエーー!」とか言われた(笑)

どうやら気分じゃなかった様。
焦らずゆっくりやってみます。




今回作った分は、シリコンの製氷機に小さじ2づつ入れて冷凍。
また次回利用します。

pagetop ↑

離乳食準備

2014.03.18(Tue)

『離乳食』 Comment-Trackback-
4ヶ月からスタートと言われていた離乳食。
日本だと6ヶ月からが多いと思いますが、6ヶ月だと保育所が始まってしまいます。
最初は自分でスタートさせてあげたいなと思ったので、間を取って5ヶ月からスタートする事に。

因に保育所の離乳食は全て手作りでやってくれるんだそうな。
(パブリックの保育所です)

まずは離乳食スタートにあたって、準備したもの。




離乳食の本。
一冊ぐらいもっていてもいいかな?と。
なくても大抵の事はネットでわかるけど、日本式の離乳食事情を知っておきたい事もあったので。








離乳食初期用に木の食器。
もう少し経ったら、もっと大きな器が必要になるけど、最初はこのぐらいが便利なので。



小児科の先生から言われた離乳食の進め方は、最初は野菜から。
オススメ野菜は、ズッキーニなど。
甘みの強い野菜からスタートすると他の物を食べなくなるので、注意との事。


pagetop ↑

生後4ヶ月まとめ

2014.03.18(Tue)

『生後4ヶ月』 Comment-Trackback-
日本に帰国していた事もあってか、あっという間に感じた4ヶ月でした。

・後半2週間で、突然重くなった。(多分7kg超えた感じ)
・唇をブーブーならすのが好き。
・ミルク量は210ml、一日4回。(3〜4時間おき)
・母乳は完全に終了。ちょっと差し出しても微妙な顔して一口ぐらいでペっとされる(涙)
・良く笑う。人見知りはまだなし。
・私がアクビをすると、口を開けてる=笑っていると思うらしく、笑い返してくる。
・姿が見えなくなると怒る。
・大きな声を出す。
・手を伸ばしておもちゃをつかむ。
・よく寝る。夜は12時間、昼寝も5時間以上。寝てばっかり?!
・入眠時、左側を向いて左手を目の前にもって来て眺めながら寝る。
・手は常に口の中。目一杯突っ込む。
・哺乳瓶にミルクが入っている事は確実に認識、見せると叫び出す。(早く!の意)
・お風呂大好き。日本でスイマーバ初体験。ニコニコ。
・時折眠りにつくのに失敗するとギャン泣きになる。
・実家滞在中、微妙な寝返りを一度成功、が、以来二度とせず…。
・後頭部がハゲたん。


今月は日本への一時帰国という一大イベントがありました。
彼女の本番強さが発揮されたというか、ホントに動じないタイプの子らしい。
手の力や足の力も強くなってきてよく動いていますが、まだまだムッチムチ。
ふわふわだった新生児の頃と違って、段々ムチムチ、プリプリしてきました。
触ると結構しっかりしてる。

pagetop ↑

初めてのホテル滞在

2014.03.18(Tue)

『2014年3月 日本里帰り』 Comment-Trackback-
日本滞在中、ホテルにも一泊しました。

私の実家は都心からは電車で小一時間程のところにありますが、人と会う時には大体都心のパターンが多くて、子連れだとなかなか大変。
ラッシュ時の電車は避けたいし、だけど時間的にどうしても…っていう事があって、今回一日ホテル滞在をしました。

一時帰国でホテルを使うのはなかなか良いなと思っていて、特に赤ちゃん連れの里帰りだと、私本人よりも赤ちゃんに会いたいっていうパターンが多くて、今回も赤子を置いて私だけ…って言うよりは、ムスメにぜひともあいたい!というパターンばかりで。
こういうとき、ホテルを取っておくと、ホテルにあいに来てもらえるし、疲れたら部屋で赤ちゃんを休ませる事もできるし、移動で疲れさせる事もないし良いなと思います。







IMG_8668.jpg

渋谷で、今年の6月に赤ちゃんを産んだ友人と、赤ちゃんも含んで、そしてその他の友達も一緒に夕食会。
セルリアンに宿泊しました。

チェックインは午後3時からだったので、その時間にはホテルに入って、ゆっくり午後を過ごして、ムスメはお昼寝もさせて、夕方からの待ち合わせ場所へはすぐ近く。
タクシーで来る友達がホテルまでピックアップに来てくれたので、楽々で行けました。






IMG_8687.jpg

久々の日本で、素敵トーキョーの景色なども楽しめました。

環境の変化にも動じないムスメは、「初めてのホテル滞在」もなんなくクリアしておりました。

たくましい。



pagetop ↑

子連里帰り☆飛行機編

2014.03.17(Mon)

『2014年3月 日本里帰り』 Comment-Trackback-
この記事はホント一部の方にしか興味はないでしょうが、関係する人には本当に色々情報が欲しいところだと思いますので、取り急ぎ記憶が薄れる前に記事に。


① フライト予約

私の場合はマイレージや会員ステータスの特典等も考慮してエールフランスにしました。
エールフランスの場合は、JALとの共同運行便もるので、機材がJALのフライトにすれば日本の素晴らしいサービスを享受する事もできるのですが、あいにく都合の良い便に空きがなかったため、全行程AF便。
通常はネット予約するのですが、子連れなので電話にて予約です。フランスの予約センターで予約するので、フランス語となってしまいますので、フランス語で電話するのが苦手…という方は窓口予約になるのかな。

子連れで注意する点は、バシネットを希望する事です。
通常バシネットは10kgまでらしいので、1歳ぐらいまでになるかと思います。
ムスメは生後4.5ヶ月、体重7kg程でしたがすっぽり収まっていました。

そして、私は往路は夜便にしましたが、これが大正解でした。
殆どの時間を寝て過ごしてくれてとても楽でした。
オススメです。


② ベビーカー
別エントリーでも記載しましたが、エールフランス公認のベビーゼンヨーヨーというベビーカーを購入して持参しました。
これ、エアフラのサイトでも販売しているくせに、クルーの中には存在を知らない人が多数います。
なので、持参しようとすると「ベビーカーは持ち込みできません」とか言って来る人が結構います。
二人に一人ぐらい言って来ます。これは帰りの日本側のスタッフも同じでしたので、今後もし同じ様なケースの方は、エアフラ公認である事がわかるようなサイトのページとかをプリントアウトしたりしてもって行くといいと思います。
ホント厄介で、説明するのが面倒だったし、帰りなんて「機長がベビーカーは乗せられないといっておりますので・・・」とか言われてマジで焦った。けど、「エアフラサイトでも売ってる機内持ち込みできるベビーカーなんですよこれ!!!」とか何度も言って何とか乗せてもらいました。

③ 持ち物
機内手荷物として持ち込む赤ちゃん用品。
往路、色々もちすぎて、荷物が重くなりすぎて、乗り継ぎのあるワタクシには厳し過ぎました。
よって往路の失敗から復路はかなり減らしたはずなのに、やっぱり重かった…。
もっと削ってもいいかも?と思いつつ以下、荷物リスト。(今後もまだ検討の余地あり)

・紙おむつ 10枚
・パジャマ 1枚(前回入れていたボディは抜きました)
・ブランケット 1枚(カシウェアの軽い物)
・ガーゼハンカチ 2枚
・おしゃぶり 2個(これはうちのムスメは入眠ツールなので必須)
・粉ミルク 7回分
・お尻拭き
・サーモス(お湯入り)
・哺乳瓶大 1
・哺乳瓶小 1
・ベビーポカリの素
・おむつ替えの敷物
・エルゴベビー

こんな感じです。
削ったものとして、水は機内でももらえます。ただ、エアフラ便は相変わらず適当で、往路は1.5リットルのボトルをくれたのに、復路でお水をお願いしたらドリンクコーナーで自分でご利用下さいとか言われたり。ちょっと謎。
お湯ももらえます。サーモスは結構もって行くのオススメ。お湯だけもらっておけば、すきなタイミングで調乳できて、便利です。
ベビーポカリの素は日本で赤ちゃん本舗で購入したのですが、機内は結構乾燥するし、また耳抜きとかでミルクのタイミングに合わない時なんかに飲ませるのにすごく便利でした。ムスメはただの味のない湯冷ましだと微妙な顔してぺっとするので、ベビーポカリを表示より更に薄めに作ったものをちょいちょい飲ませてました。
粉で売ってるので、機内で必要なだけ作れるのも便利。
あと、エルゴは必須。


------

では機内の話。

□往路編□
フライトはニース〜パリ、パリ〜成田という乗り継ぎを含む2本。
夕刻のニースパリ便、その後乗り継ぎ時間3時間で深夜便にてパリ〜成田へ。

初フライトになるニース〜パリ便はほぼ満席で、私は窓際の席でした。
初めての離陸に際しては、耳が痛くならない様にと、離陸時間に合わせて授乳タイミングを朝から調整していたのに、まんまとずれ込み、離陸する前にすっかりミルクも飲み終わってしまうという失態。
でもおしゃぶりを口に入れておいたせいか、特に問題なく離陸完了。
その後は離陸しながら寝てしまい、パリに着くまで爆睡。
初フライトは全く問題なく、ムスメのおりこう具合に助けられパリへ到着。

飛行機の乗降時などはエルゴにムスメを入れて、飛行機を出たらすぐにベビーカーを展開して、手荷物一式ベビーカーに乗せて移動ってやってました。
赤子連れ一人旅ですと、殆どの場合優先で通してもらえます。
飛行機に乗る際も、出国などの手続きも、荷物チェックも。
皆さん本当に親切に助けてくれるので、思ったよりも大変な事はありませんでした。

乗り継ぎ待ち時間中に、ムスメ、うんぽぽも大放出してくれたので、オムツもさっぱりさせてから搭乗できました。

さて、パリ〜成田便は、バシネット付きの二人席。
搭乗すると既に着席していた隣の方は、同年代とおぼしき男性一人客。
明らかに出張帰りとわかるビジネスマン…。
もうお仕事で疲れてるだろうに、ムスメがギャン泣きでもしたらどうしよう、と、着席しながらちゃんとご挨拶をしました。
「子供連れで、お騒がせしてしまうかもしれませんがすみません。あとバシネットをお願いしているので、せっかく最前列なのにお座席前が狭くなってしまうと思います。すみません」と。

これ、バシネットつけるとですね、隣の人の前にまで自分の赤子のベッドが侵入するのですね。
旦那さんと二人旅とかだったらいいのですが、一人の場合は他人様の前に自分の子がドーンと侵入するわけで…。
ホント気まずいです。

で、ご挨拶しましたらお隣の方
「僕も小さい子がいるので、慣れてますから全然大丈夫ですよ〜。」と(涙)
聞けば、3歳と1歳の女の子のパパさんだそうで、「大変なのわかりますから、心配しないで下さいね。」とか「オムツ替えとか、少し抱っこして歩きたいとか、席を立ちたい時は遠慮なく言って下さいね」(その方通路側、私窓側)とか。

ホントもう、乗る前にすごく気が楽になりました。

私がリラックスできたせいか、ムスメもこのフライトも本当におりこうでした。
離陸時は膝の上でムスメにつけたベビー用シートベルトに、自分のシートベルトをアタッチして座っているのですが、その間中機嫌良くしていたし、気体が安定するとバシネットをつけてくれるのですが、バシネットに入れたらそのまま一人で手遊びをしていて、私は問題なくご飯が食べられたし、食後電気が消えたら勝手に寝ちゃうし、一旦寝たら、到着前まで殆ど寝てたし。(途中一度起きたけどオムツを替えてミルクをあげたらまた寝ちゃったし)

そんなわけで、お隣のビジネスマンさんもビックリな静かなフライトでした。

エアフラのこのフライトでは、キャビンアテンダントの方々も本当に親切で気が利く人達でした。
フランス人と、メインでお手伝いして下さった日本人の方と、皆さん親切。
荷物も自分でもつ必要も無く、乗り込むときも降りるときも手伝って下さったし、赤ちゃん連れという事で、搭乗してすぐにアテンダントの方が、お水を一本もって来てくれたり、お湯が必要と言えば用意してくれるし、頼まなくても途中声かけしてくれたり、着陸前にまだムスメが寝ている間に、着陸前のお食事の時ムスメが起きてしまうとお食事できないでしょうから、と、フルーツとサンドウィッチをもって来てくれたり、ホントに親切で気が利く人達でした。
だからAFもいいじゃない?!とか思ったら、復路のサービスは最悪でした。全くもって気の利かないアテンダント(日本人のおばちゃん)で、赤ちゃん抱いてるのに熱い飲み物サービスしようとしたり、お水下さいってお願いしたらコップに入れた水もって来たり、なんかもう色々ガックリ来る感じだったので、全体的に教育されてるって言うよりは、個人の資質によるので、当たり外れは大きいかもです。

そんな感じで往路はホントに順調に、ムスメは一度もぐずらずに、ニコニコゴキゲンで成田へ到着したのでした。






□復路編□
帰りは、昼過ぎ発の便で、まずは成田〜パリ。
今回もまたバシネットを予約していました。
真ん中、4人掛けの席、通路側。
お隣は日本人のシスター。
どこかの女子短大の先生で学生を連れてスペインまで研修旅行なんだとか。
足が痛いから前の座席をお願いしたんだとか。
往路と同じ様に、乗り合う際にご挨拶と、子連れの旨、ご迷惑おかけしてしまうかもしれませんが宜しくお願いしますとの事を申し上げると、子供好きなシスター先生、心配ないですよと仰って下さって一安心。

この方もとても親切で有り難かったのですが、おばちゃま特有というか、ムスメを構いすぎて下さって(苦笑)
うちのムスメは寝入りの際はムニャムニャ言うのですが、放置していると自分の手を見ながら入眠するクセみたいなのがあるのですが、シスターはムニャムニャ言い出すと声をかけたりなでたりしてくれちゃうのでムスメまた目が覚めてしまって眠れないという(汗)
シスターもよかれと思ってあやして下さっているつもりなので、むげにもできず、でもうちのムスメは放置してあげないと寝れないんだよな〜・・・と思いつつ、なかなか眠りにつけないムスメ、とうとうイライラしだしてギャン泣きが始まってしまって、私も焦って来るし。

そんなわけで、子供好きで色々とお世話して下さって本当に、本当〜〜〜〜〜に有り難かったのですが、できれば私的には、往路のサラリーマンパパさんぐらいの距離感が有り難かった(汗)

結局ムスメは普段抱っこで寝かしつけはしていないのですが、眠れず興奮して泣き始めてしまったので、席を立って前の方へ行って抱っこユラユラで寝かせてからバシネットに投入しました。

復路は昼過ぎの便だったので、夜便とは違うのでムスメも長時間寝る事ができず、大泣きはしませんでしたが、グズグズしたり遊んだりする時間も長かったので、私は結構つかれました。
とは言っても、GRAVITYを見るぐらいの時間はあったけど。

パリ到着後、乗り継ぎ時間が殆どなかったので急いで乗り継ぎ。
ニース行きの便は今回の4回のフライトで唯一ムスメがギャン泣きしてしまいました。
おそらくもう疲れが限界だったのだと思います。
往路はずっと寝てたけど、今回の成田〜パリ便はあまり寝てなかったし、更に乗り継ぎでもう限界だったのかなと。
ちょっとかわいそうだったなあとココロが痛かったです。

飛行機は後方の席で、3人掛けに私だけ。
周りは赤ちゃん連れの方が多く、目についただけで、ムスメを入れて4人の0歳児とおぼしき赤ちゃん連れが。

離陸時はムスメは特に泣く事も無く、むしろ他の赤ちゃん達が泣いたりしている感じだったのですが、機体が安定飛行に入る頃から何故かギャン泣きが。
おしゃぶりをあげても、ミルクでも、ベビーポカリでも、縦抱っこも横抱っこも、ユラユラしてもナニしてもダメ。
段々私も焦って来て、嫌な汗が出て来るし、前のおじさんは振り返って「耳が痛いんじゃないのか?」とか言って来たりで、余計焦るワタクシ。
こういうとき、フランス人って、日本人みたいに聞こえる様に舌打ちしたりはしないで、やんややんや、直接本人に言って来ます。その方がいいけど。

そしたら後ろの列に座ってた、おそらく10ヶ月ぐらいの赤ちゃん連れのママさんが、「抱っこして立って後ろの方を歩いてみたら?」と声をかけてきました。
これが満席の国内便だったら狭くて無理だったろうけれど、空いてる機内だったのでそれも可能と、エルゴに入れて席を立って後ろの方でウロウロしてみたらスッと泣き止んでくれた。
国内フライトなのであっという間に到着するので、30分もそうしていたら着陸モードになったので席へ戻ると、今度はギャン泣きする事なく膝の上で寝てしまいました。
やっぱり限界に疲れていた模様。
後ろの席のママさんにお礼を言って、前の席のおじさんにもうるさくてごめんなさいと言って(おじさんはいやいや、泣き止んで良かったねえといってた)無事ニース空港へ到着したのでした。

ニース空港では23kgのスーツケースが3個出て来たのですが、エルゴにムスメを入れて、肩から機内持ち込みのでかいバッグと折り畳んだベビーカーを担いだ私をみたおじさんがすぐに駆け寄って来てくれて、台車にスーツケースを乗せるのを手伝ってくれたり、台車を押してくれたりと、皆さんとても親切で、出口で待つ旦那のところまで問題なくたどり着く事ができました。


というわけで、ムスメの初めての飛行機、とりあえず思っていたよりはなんとかなりました。

これも周りの方々の温かい視線や手助けのおかげで、本当に一人きりの力では乗り切れなかった事で。
ホントにちょっとした手伝いや親切が、すごく助かる!って場面が沢山ありました。
自分が人の手助けが必要な立場になってみて、改めてわかる事もあって、そうすると今度は今まで見えてなかった事が見えて来たりもして。
これから私も、大げさじゃなくてもちょっとした手助けが気軽にできる様になりたいなって思います。



pagetop ↑

六本木ミッドタウン

2014.03.09(Sun)

『2014年3月 日本里帰り』 Comment-Trackback-
お友達とランチをしに、ミッドタウンまで出掛けてきました。

土曜日ということもあって、電車はそれほど混んでいませんでした。
初めての日本で、ベビーカーでの電車利用にビクビクしていましたが、通勤時間を外して、先頭か最後尾の車両に乗って、端にベビーカーをくっつけて乗ることで、特に問題なく利用できています。

今回は六本木、実家からはアクセスが悪く、どうしようか?と考えたのですが、東京駅まで一本で行き、そこからはタクシーを利用しました。
タクシーでも10分程度、1800円とかそのぐらいだったので、乗り継ぎを考えたら断然この方法が楽でした。







タクシーでは往復ともに良い運転手さんで、行きの方は子供好きなようで、信号待ちで停車するたび、後ろを振り返ってムスメをあやしてくれて、外面ヨシコなムスメはこれまた満面の笑み返してオヤジを虜にしていました。
タクシーを降りた時も、ベビーカーを開いたりする間、運転手さんがムスメを抱っこしてくれたり、「慌てないでゆっくりでよろしいですよ」とか声をかけて下さったり。
帰りの運転手さんもわざわざエレベーターがすぐ乗れるところを考えて連れて行ってくれたり。
おかげでストレスなくお出かけ出来ました。

ミッドタウンはベビー連れに優しい作りで、以前は気づかなかったけど、オムツ替え、調乳、授乳もできるお部屋があったり、個室の授乳室があったり。しかもきれいだし。
ベビー連れが多かったのも納得です。

お友達とのランチは平田牧場にて。
こちらもベビーカーでの入店可能で、赤ちゃん連れも多く見られました。
お友達が個室をとってくれていたので、ゆっくりすることができました。
ムスメも途中からはベビーカーで寝てしまったので、食事ものんびり出来ておしゃべりもできました。

金華豚のトンカツ… あゝ美味しかったー♡

ミッドタウンはもう一度ぐらい行きたいな。

pagetop ↑

神社へお参り

2014.03.07(Fri)

『2014年3月 日本里帰り』 Comment-Trackback-
無事日本に到着して、早くも数日が経過。
あっという間に一週間も経ってしまって、残り半分とか早すぎる。

海外ママさんが気になるであろう飛行機旅詳細は、モナコへ戻ってからアップしますのでしばしお待ちを…。

到着翌日は、休みを取っていた両親と共に、地元の氏神様の神社へお参りに行ってきました。







お宮参りというほど大げさなものじゃないけれど、産まれる前の安産祈願、出産後も健康に育つようと、お願いばっかりしてきたので、御礼に参ってきました。

平日の昼間なので空いていたし、お散歩がてらにも丁度良かったです。


しかしまあ。
日本初日から、よく眠るムスメ。
夜間12時間ノンストップ睡眠に、午前中と午後の昼寝は多いと合計6時間近いことも…。
やはり旅で疲れもあるのかもしれないので、用事は詰め込みすぎず、一日一件ぐらいにしていきます。

pagetop ↑

時差ボケ

2014.03.05(Wed)

『2014年3月 日本里帰り』 Comment-Trackback-
無事にモナコから日本の実家へ辿り着いて早くも3日目。

完全なる時差ボケ中です。
ムスメではなく、私が。

ムスメはというと、また後日、飛行機旅の仔細はアップしますが、機内ではよく寝てくれて、実家到着後も夜着だったのですが、すぐに寝て、翌朝までグッスリで時差ボケ無しでした。

強いて言えば、普段よりさらによく寝る。夜間12時間睡眠に加えて、昼寝も合計4-5時間、いや、もっと?しています…。

やっぱり疲れもあるの?と、寝たいだけ寝かせています。

5日はお出かけ。
生憎の雨模様みたいですが…。

ムスメペースでの行動なので、かなりゆっくりなスケジュールで、お誘いも全ては都合が合わないのだけど。
それでもいくつかのお出かけは楽しみです。

pagetop ↑

一時帰国

2014.03.01(Sat)

『2014年3月 日本里帰り』 Comment-Trackback-
本家の方でもお知らせした通り、ムスメと二人で日本へ一時帰国します。

夫と犬達は今回はお留守番なので、2人きりです。

モナコから日本の実家までは

ニースーパリ
パリー成田

と2回飛行機に乗ります。

ニースーパリは1時間半ぐらいの国内フライト。
その後、シャルルドゴール空港で、ターミナル2Fから2Eへの乗り継ぎが。
この乗り継ぎは仕事も含めて何十回と行っているので、毎回違うルートを通らされたりとややこしかったりもしますが、とりあえず問題ないはず。
だけど今回は子連れなので、やっぱり不安。
機内持ち込みできるベビーカーがあるので、パリ着後、すぐベビーカーを活用するつもり。
でなきゃ抱っこで荷物抱えて移動とか大変すぎる…。

パリー成田便もエールフランス。
バシネット確保しました。

細々した持ち物とかはまた旅行が終わってからまとめてUPいたしますね。

とりあえず、ムスメ用に用意した機内持ち込み用品。

・オムツx10枚
・ボディx2枚
・パジャマx1枚
・ブランケット
・おくるみ布(エイデンアネイ)
・ガーゼx4枚
・ハンドタオルx1枚
・おしゃぶりx2個
・SleepSheep(ネンネ導入ぬいぐるみ)
・粉ミルク(小分けにして6回分)
・お尻ふき
・保湿クリーム
・哺乳瓶大x1(もっともちたいけどこれしかない)
・哺乳瓶小x1(糖水を入れて)
・お湯(サーモスに入れて)
・エビアン500ml
・おむつ替え用の敷物
・おしゃぶりが無くならない様にくっつけるクリップ

こんなのを極力軽くて肩掛けできる鞄に詰め込み。

何か忘れてるものあるかしら…。
あと6時間ぐらいはいるので、何かお気づきの方はメッセージ下さるかツイッター下さるか、今日はコメ欄をあけますのでそこに書いていただけるとありがたいです!!
(日本時間の深夜0時まで)

pagetop ↑

♥ About me

こぐまちゃん

Author:こぐまちゃん
モナコで妊娠〜出産
2013年10月18日、女の子が産まれました。
満一才までの妊婦時期〜育児の記録です。

♥ New entries & Comments
♥ Calendar
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
♥ Categolies
♥ Archives
♥ おかいもの
♥ 成長記録
♥ Links
♥ メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

♥ Serch

pagetop ↑

Copyright © 2014 こぐまちゃん all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。