スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
37w6d:本色々

2013.10.04(Fri)

『妊婦期アイテム』 Comment-Trackback-
妊娠・出産・育児関連の本をいくつかレビューします。




シアーズ博士夫妻のベビーブック

かなり大判で分厚い育児書。
Amazoneでも評判も良かったので買ってみました。
特色は「添い寝のすすめ」と、スリング等を使ったスキンシップを重視した育児って所でしょうか。
まだ全部読んでいませんが。








そしてもう一冊



カリスマナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座

全然知らずにこの二冊を選んでしまったのですが、なんとこの二冊、言ってる事が真逆でした(笑)
こっちの本では、赤ちゃんのリズムはきちんと親が管理して育児するって感じ。

前者は、赤ちゃんのリズムに合わせて、後者は赤ちゃんのリズムを構築してあげる、という感じかな。



私個人的にはどちらも完全一致の育児なんて無理だろうから、適当につまみ食いでいこうと思います。
添い寝はするつもりは無いけれど、ベビーベッドを自分のベッドの隣にくっつける予定だし、まあ添い寝が楽だったらそうなる可能性もあるけれど、最初はベビーベッドでトライするかな。
スリングとベビーカーは併用していくと思う。

何にしても、そんな参考書通りになんて行かないって事は、育犬で既に経験済なので。まして犬だって2匹いたら2匹とも同じではなかったし。
子供なんてましてやもっと色々だと思うから、その子と私で作っていけばいいかなあと思います。



適当万歳。






日本のブロ友、ほたるちゃんが送ってくれた本。




はるまき日記

江古田ちゃんの作者さんが書いた育児エッセイ。
頭使わないで笑って読める感じ。
多分産まれてからの方が、もっとツボなんだろうな。

しかし独身で子供もいないほたるちゃんがこの本を紹介してくれるって、渋過ぎる…。
(私が子供がいない時だったら全然読んでなかったと思われるから)




今回チラッと読んでみて、マタニティー期を過ごすための本と違って、育児本はちょっと気をつけて読まないと洗脳されるなあと思った。
私は元来あまり人の言う事を聞かないので、洗脳されないと思うけれど、ちょっと産後で疲れてたり、メンタル弱っていたりする時にこの手の本を読みすぎるorこの手の本を読んで1つ実践したら成功しちゃった、なんて事があるとどっぷりそれにつかりそう。
なのでほどほどに、適度に、わからない事があった時、ちらちらとページを繰るぐらいが私にはちょうどいいかな?と思いました。

♥ About me

こぐまちゃん

Author:こぐまちゃん
モナコで妊娠〜出産
2013年10月18日、女の子が産まれました。
満一才までの妊婦時期〜育児の記録です。

♥ New entries & Comments
♥ Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
♥ Categolies
♥ Archives
♥ おかいもの
♥ 成長記録
♥ Links
♥ メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

♥ Serch

pagetop ↑

Copyright © 2017 こぐまちゃん all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。