スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
39w0d:髪の色、目の色、肌の色

2013.10.12(Sat)

『臨月(36週〜)』 Comment-Trackback-
仏式予定日まであと2週間。
日式まであと1週間。


土曜日は朝から近所のカフェで朝ご飯してきました。
良い朝パン処を見つけて満足。
この辺、朝ご飯食べれる良さげなカフェが無かったのだけど、ここは8時半から深夜2時まで、朝ごはん、ランチ、午後カフェ、アペリティフ、ディナー、ディジェスティフってずっとサービスノンストップなのが良い。
うちから徒歩1分で、ポート沿いなので眺めも良くて、そして値段もお茶とかPetit déjなら安いのが良い。
お食事は結構するけども。
犬連れ、子連れもOKなので、週末の朝とか、皆で行きたいな。


---
こちらで赤子が産まれるっていうと、産まれる前から皆がワクワク話題にする事。

・髪の色
・目の色

日本だと、みんな日本人で髪も目も黒がデフォルトなので殆どそんな事は話さないと思うけれども、多民族、多人種が入り交じるヨーロッパだと、割とこの話題がホットです。
男の子、女の子ってのはみんな事前に知ってるのが大体前提なので、それよりも「髪の色と目の色はどうなるかしら〜?」みたいな話題。

さて、うちの場合は、私が日本人、旦那は国籍はフランス人だけれども人種的にはチュニジア、インドのミックス。
なのでどう考えてもオリエンタルなミックスになるはず。
いわゆる、「ソフィー」とか「シャルロット」的な見た目の子は産まれて来ません。

旦那は目の色は茶色、私は黒。
髪は旦那は茶色、私は黒。
肌の色は旦那はマット(日本人より茶色っぽいけど、アフリカンは入っていないのでインド・北部アフリカ系の茶色)、私はモンゴロイドな黄色人種。

ここに更に隔世遺伝という要素が入り交じって来ます。

私の方はずっと遡って日本人なのでまあ同じとして

旦那の方はお母さんがインド系なので、肌はマット(茶が濃い目)顔は典型的なインド顔。
お父さんがこれまた色々入り交じったチュニジア系なので、肌はマット、髪は薄い茶色、目はグリーン。
祖父母まで遡れば、いろんなパターンで引き継ぐ可能性があるわけです。

色素的には濃い色素の方が強く出るパターンが多いので、私の黒髪、黒目を引き継ぎつつ、肌の色は旦那のマットを引き継ぐ感じになるのかなあ?とか思います。


どんな子が産まれて来るのかなーと想像するのは楽しいです。
ま、元気で産まれてくれたらそれでいいんだけどね。


♥ About me

こぐまちゃん

Author:こぐまちゃん
モナコで妊娠〜出産
2013年10月18日、女の子が産まれました。
満一才までの妊婦時期〜育児の記録です。

♥ New entries & Comments
♥ Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
♥ Categolies
♥ Archives
♥ おかいもの
♥ 成長記録
♥ Links
♥ メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

♥ Serch

pagetop ↑

Copyright © 2017 こぐまちゃん all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。