スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コトバの事

2014.01.09(Thu)

『生後2ヶ月』 Comment-Trackback-
ムスメは今のところ、日本とフランスの二重国籍を所持しています。
これは20歳になった時にどちらかを選択しないといけないようになっています。(日本もフランスも二重国籍を認めていないから)
日本で生まれて日本人として育っていると、そういうマルチな国籍とかになじみがないですが、ヨーロッパ等国境が地続きで融合が進んでいる国々では、両親の国籍が異なるから二重国籍、なんて子供は沢山います。

ムスメの場合、出生地はモナコで、両親はフランス人と日本人という、なんだかごちゃごちゃした事になっていますので、これからアイデンティティをどうやって確立していくのか、そこにワタシがサポートできる事は何なのか?とか色々考えたりもします。

そんな中、実質的に一番最初に関係してくるのは言語のこと。
よく「ハーフの子はバイリンガルでいいね」なんて言いますが、もちろん産まれた時からバイリンガルなわけではなく、子によっても言語センスも様々で、言語センスって運動神経みたいな物だと常々思っているのですが、得意な人は何カ国語でも割とサクサク覚えていくし、苦手な人は本当にダメ。ハーフの子だからといって、その辺のセンスも備わっているか?といったら皆がそうとも限らず。
知人の子は、思春期が近づく頃に、二カ国語のせいで混乱してしまって、失語症の様になってしまった子もいます。また、2カ国語ともに、なんとなく中途半端という事だってあります。

小児科医の検診の時にも言われましたが、他言語家庭の場合、それぞれ親はネイティブランゲージで話す事と。
ワタシはだから、ムスメには常に日本語で話す事。夫がフランス語で話す事。
そうしないとムスメが混乱するから、という事でした。
うちの場合、夫が日本語を話さないので、どうしてもフランス語ばかりになってしまうのですが、ムスメにはきちんと日本語で話す様に心がけています。
これからもそのつもり。
願わくばムスメにも自然に日本語とフランス語が話せる様になって欲しいし、読み書きも出来る様になってもらいたいし。
そして、自然に二カ国語を身につけられる環境にいるのだから、できたらそれを存分に活用して欲しいし。
そのためには私がしっかり日本語を教えていかないといけないんだなあと、責任重大です。


♥ About me

こぐまちゃん

Author:こぐまちゃん
モナコで妊娠〜出産
2013年10月18日、女の子が産まれました。
満一才までの妊婦時期〜育児の記録です。

♥ New entries & Comments
♥ Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
♥ Categolies
♥ Archives
♥ おかいもの
♥ 成長記録
♥ Links
♥ メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

♥ Serch

pagetop ↑

Copyright © 2017 こぐまちゃん all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。