スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
百日のお祝い:お食い初め

2014.01.26(Sun)

『生後3ヶ月』 Comment-Trackback-
生後100日、お食い初めでした。








IMG_6165.jpg

お食い初め用のお膳は用意できなかったので、先日購入したムスメ用の食器セットと家にあるもので。

①鯛のおかしら→Daurade royal、養殖でなく奮発して天然ものをオーブンで塩焼きに。
②お赤飯→こぐま母が日本から送ってくれたイチビキの簡単に炊けるお赤飯セットで。
③お煮染め→お正月同様に、保存してたレンコン、椎茸、人参、大根、鶏肉、絹さやで。
④お吸い物→お出汁をひいたのにわかめ少々で簡単に。
⑤酢の物→キュウリ、わかめ、カニカマで、すし酢を使って。
⑥梅干し→友人Yから頂いたYお祖母様謹製品。
⑦歯固め石→Cap d'ailのビーチで、とーちゃんとポン太が朝一番でお散歩がてら拾ってきたよ。





食いしん坊なこぐま一家では大事なイベントなお食い初め。
簡単ではありましたが、真剣に、心を込めて準備しました。


というのも、人間の三大欲望、私は間違いなく一番強いのは食欲です。
『食』というものが私の中ではすごく重要な要素で、作る事、見る事、食べる事、全て食に関する事は、幼少の頃から強く興味をひかれ続けて来ました。

育った環境や親の影響がとても大きいと思いますが、とにかく美味しいものを沢山食べる事をヨシとする家族で育って来たので、食は自分の中でも本当に重要な事です。

普段食べている物は、その人の血となり肉となり骨となるわけで。
食が貧弱な人はやはり貧弱になると思う。
それは素材の贅とか、粗食とか、そういう事ではなくて、食卓が豊かで愛情溢れているかどうかが重要な気がします。

食はその人を形成するし、その人に強く影響すると思う。

私自身、たとえ一口の電気コンロしかないアパートに住んでいた時代でも、できる限り美味しいモノを作って、テーブルにきちんと並べて、いただきますとごちそうさまを一人でも唱える事をしてきました。
たとえ面倒でも鍋から食べたりしない事、一人でもきちんと食卓を整えてから食事をする事。
食事をきちんとする事は、他の面でも自分を律する為の指針になっていた気がします。

逆に言えば、食が粗雑になっている時期は、テンションが下がっていたり、元気がなかったりする時なので、そういう時は友人や家族と、美味しいモノを食べる事で、ある程度の事は解決したり、立ち直れたりしてしまいます。

そして料理をする事そのものは私にとって趣味みたいな物です。
料理をする時の集中力は様々な雑念を払ってくれて、まるでメディテーションだし、全てのタイミングを計って温かいものは温かいうちに、冷たい物は冷たいタイミングで供する事、オーケストラの指揮者の様な気分です。
キッチンで右に左に体を動かし、頭の中で時間を逆算し、段取りと手順を反芻しながらすべてをジャンとテーブルにそろえる事はもはや私にとってはスポーツ。ベストタイミングでお料理を完成して、食べた人達から喜んでもらえる事の達成感は登山さながらなのです。

そんなわけで、私にとって「食」は本当に重要な日常。
ゆえにお食い初めは人生初めてのお膳なので、ムスメにも心を込めたお膳を用意してあげたかったのです。







IMG_6186_20140126051818ff0.jpg


一生食べるに困らず、美味しいモノを楽しく食べて、健康に育って欲しいです。




♥ About me

こぐまちゃん

Author:こぐまちゃん
モナコで妊娠〜出産
2013年10月18日、女の子が産まれました。
満一才までの妊婦時期〜育児の記録です。

♥ New entries & Comments
♥ Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
♥ Categolies
♥ Archives
♥ おかいもの
♥ 成長記録
♥ Links
♥ メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

♥ Serch

pagetop ↑

Copyright © 2017 こぐまちゃん all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。