スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4ヶ月検診

2014.02.22(Sat)

『小児科・健康』 Comment-Trackback-
今日は4ヶ月検診でした。

ワクチン
・Infanrix hexa 2ヶ月時と同様の混合ワクチン
・Prevenar13 肺炎球菌

それからロタ飲み薬。

注射は太ももにうつのですが、1時間前に麻酔クリームを塗ってから出かけます。
そのせいか、ブスっと思い切りさされた割にはあまり泣かなかったかも。
というか泣き出すタイミングが針をさすよりも遅かった。
痛みがあとからきたのかな。


身長:62cm (前回59cm)
体重:6600g(前回5720g)

なんか丸く丸くなっている気がしたのは気のせいではない様です…。

その他、音、光、物に対する反応をチェックして特に問題無し。
うつ伏せで腕をついて胸をあげたりする事ができるのもOK。
特に問題なく、健康にすくすく育っている様で安心です。

さて、今回は離乳食についての指導がありました。
離乳食、フランスでは4ヶ月ぐらいからぼちぼちスタートし始める様です。
ただ先生曰く、赤ちゃんが食べたいと思う時にスタートすれば良いし、遅くとも6ヶ月までに始めればいいので、今すぐじゃなくてもいいと。大人が食べてるのをジッと見ていたり、よだれをたらしていたり、手を伸ばす様な仕草をしたり、とにかく「これは食べてみたそう?」と思ったらスタートしてとのことでした。

進め方は、こちらはまず野菜を昼食にくわえる事から。
オススメはズッキーニ、人参、インゲン等をくたくたに煮てからピューレ状にしたものから。
日本人としては、まず10分粥が基本だろ!という思いがあったので、「米からじゃだめでしょうか?」と聞いたところ、お米は(穀物は)6ヶ月過ぎてからねとのこと。
まあこの辺は、もう国に寄って様々ってことだろうから、自分の納得いくものをすきなやり方でやったらいいかなあと思って、「はい、はい、」と聞いていたけれど多少アレンジしてしまうかもしれません。
お昼のお野菜がある程度食べられる様になったら、2週間後ぐらいからオヤツの果物を与える様にと。果物もピューレ状、いわゆるコンポートの状態の物で、りんご、梨、プラム等からスタート。プラムは便秘の時は特にあげるといいそうです。

ところでうちのムスメですが、「食べたそうにしている」かどうか、よくわからない。
というのも、食事の時間、大体彼女は寝ている事が多くて、私達が食べているときに側にいる事がないのです。
夕食時なんて、もう絶対我慢できずに寝ちゃうものね…。
どうしましょう。
♥ About me

こぐまちゃん

Author:こぐまちゃん
モナコで妊娠〜出産
2013年10月18日、女の子が産まれました。
満一才までの妊婦時期〜育児の記録です。

♥ New entries & Comments
♥ Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
♥ Categolies
♥ Archives
♥ おかいもの
♥ 成長記録
♥ Links
♥ メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

♥ Serch

pagetop ↑

Copyright © 2017 こぐまちゃん all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。