スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6か月検診

2014.05.04(Sun)

『生後6ヶ月』 Comment-Trackback-
生後6か月になって、半月ほどたちますが、本日検診でした。

仕事が始まってから平日の診察が難しくなってきたので、土曜日にお願いしたおかげで、
朝7時45分からとか、激早い事に。
おまけに土曜日なのにその後私は仕事だし。
でも旦那がお休みだったので、みんなで検診に行って、朝ごはんを食べて、私はそこから出勤、ムスメは旦那とお散歩しながら帰りました。

さて、検診も生後6か月までは毎月ありましたが、次回は生後9か月。
少し間が空きます。

このまま無事に、一度も病院へいく事なく、つまり病気にならず、検診まで過ごすことができるといいのですが。



さて成長具合
身長:67cm
体重:8060g

8kg越えですってよ。ちょっと。

そりゃ重いわけです。
朝とか寝起きでベッドから抱っこで出す時なんて、腰がいっちまいそうになります。


さて、先生からは6か月~9か月の間の成長は、特に情緒面で目覚ましい物があるよ、とのお話。
ここから9か月の間に

・歯が生える
・キーーとか高い声を出す
・そんで自分の声でビックリしたりして楽しむ
・唇を鳴らしたり、舌を鳴らしたり、色々な音を出す
・お座りできるようになる
・つかまり立ちする
・伝い歩きする子もいる
・ズリバイ、はいはいする子もいる
・両親と他者を見分ける
・自分と他者も認識する
・よって人見知りも始まる
・手をたたく
・手を振る

こんなに色々する様になるそうです。
なんか楽しみ。

離乳食の進みも順調なので、タンパク質の導入をスタートする様に言われる。
(また離乳食の詳しい内容は別エントリーで)


それからテレビは2歳半までは見せなくて良いとの事。

この辺は色々な説があるのかもしれないけれど、あくまでうちの小児科の先生の話では
このぐらいの赤ちゃんの場合、TVは内容を分かってみているというよりも、動く映像を目で追っているだけ。
そしてぱっぱと変わる画面にくぎ付けになるけれど、こういう受け身な刺激の受け方に慣れてしまうと
自分で刺激をクリエイトする事が出来なくなってくる。

寝返りが打てるようになったらば、積極的に床に赤ちゃんを寝転がして、そしておもちゃを広げて自分で取って遊ぶ様に仕向ける様にすると良いとの事。

それから、おもちゃを使って、沢山話しかける、歌をうたう、手遊びをする、こういった事をしてあげるのはすごく大事だそう。
絵本を読むってのも大事だそうで、これは私も生後0か月からしているので今後も続けていきたい事。

相変わらず、私は日本語できちんと話しかける事、お父さんはフランス語で話しかける事。
どうしても旦那といっしょだと、旦那がわかる言葉=フランス語になってしまうのですが、
私はなるべく日本語で話す様にしなければ。
保育所でも一日フランス語なので、私が日本語でちゃんと話さないと日本語が覚えられないので…。
あと夫が変な日本語で話しかけない様に注意せねば。
怪しい発音で覚えられたら嫌なので…。


成長曲線は真ん中よりちょっと大きい感じの育ち方。
スクスク育ってくれてて何よりです。


♥ About me

こぐまちゃん

Author:こぐまちゃん
モナコで妊娠〜出産
2013年10月18日、女の子が産まれました。
満一才までの妊婦時期〜育児の記録です。

♥ New entries & Comments
♥ Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
♥ Categolies
♥ Archives
♥ おかいもの
♥ 成長記録
♥ Links
♥ メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

♥ Serch

pagetop ↑

Copyright © 2017 こぐまちゃん all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。