スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嫌な咳で病院へ

2014.06.20(Fri)

『小児科・健康』 Comment-Trackback-
モナコはFete de dieuとかいう祝日でした。

フランスは普通通りだったので、ムスメのかかりつけの小児科もあいているので、連れて行って来ました。

と言いますのも、一ヶ月程まえに引いた風邪、その後熱も下がって回復しているのですが、
咳だけがしつこくのこっていました。
夜中にごほごほしたり、普段も呼吸をするとゼロゼロと痰が絡んだ様な音をさせたりしていて
ちょっときになっていたのです。
ここ数日はまたしても鼻水が出て来たので、治ったと思ったらまた風邪ひいたかしらー?!と
先生に念のため見てもらう事に。

診察してもらった結果、乳児の場合はなかなか検査ができないのでわかり辛いのだけれど
呼吸のゼロゼロ感がちょっときになるという事で、小児喘息かそうでないか、お薬を使って様子を見てみましょうという事になりました。


処方された薬
・Ventoline 100 (Salbutamol) 吸入スプレー
・Celestene シロップタイプ

スプレーは赤ちゃんなので吸えないので


IMG_0152.jpg

こんな吸入させる装置に取り付けてスプレーします。
狭くなった気管支を広げるお薬だそうで、コレを一週間使ってみて良くなればそれでおしまい。
これでも症状が改善しなかったら、喘息とかアレルギーとか、他の可能性が出て来るからまた対処しましょうとの事。

それにしても

今回病院に連れて行くのにも、夫は「大丈夫だよ」とか「咳そんなにひどくなってないよ」とか
とにかく「なんでもなかったこと」にしたがる。

や、実際咳してるし、とか思うのだけど、なにこの「見なかった事にしたい主義」

病院でも先生に症状とか聞かれて、夫は軽めに、軽めに答えるので
遮ってワタシが「いやいやいや!」ってイチイチ言い直す感じで。

なんなのこの感じ?!とか思ったけれど
この人は、本気で「病は気から」とか思ってるタイプなので
「病気と思ったら病気」みたいに思ってて困る。

そのくせ、自分は微熱でも重体みたいな顔するの。

現実的に赤ちゃんの症状なんて秒速で変わるんだから
大丈夫とか言ってないで、おかしいと思ったらすぐ対処しなかったらダメだろう。
とは言え、ホントに何でもない事でも、みんなが病院に行き過ぎて、小児科不足が深刻ってのも事実なので
見極めは大切だと思うけれども。

これで良くなるといいのだけど。
♥ About me

こぐまちゃん

Author:こぐまちゃん
モナコで妊娠〜出産
2013年10月18日、女の子が産まれました。
満一才までの妊婦時期〜育児の記録です。

♥ New entries & Comments
♥ Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
♥ Categolies
♥ Archives
♥ おかいもの
♥ 成長記録
♥ Links
♥ メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

♥ Serch

pagetop ↑

Copyright © 2017 こぐまちゃん all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。