スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
36w5d:Livres de bébé*絵本

2013.09.26(Thu)

『赤ちゃんアイテム』 Comment-Trackback-
小さい頃から沢山絵本や本を読んでいました。
それこそうんと小さい頃は、親が読んでくれたのを覚えています。

子供の頃読んでいた絵本の事は、今でもすごく鮮明に覚えています。
絵本や本を読む事で、私は妄想の旅を何度となく楽しんだし、いろんな困難を乗り越える為にとても力になってくれたと思います。

子供にも、絵本や本は沢山読んで欲しいなあと思います。

日本語のものも、フランス語のものも。




日本で注文した、日本の絵本がちょうど船便で届きました。
懐かしい絵本もあって、手に取ると読んだ頃の気持ちがよみがえって来ます。



今回はこちらで購入したフランス語の絵本をいくつかご紹介。


IMG_6300.jpg

左上から、鉄板、Le Petit Prince(星の王子様)の赤ちゃん用簡単版。
絵本タイプになっていて、星の王子様の挿絵と文章の抜粋で構成されています。

その隣はHélium éditionのUne histoire de George(ジョルジュの物語)。
おひげのジョルジュおじさんが主人公、イラストがもの凄く可愛くてとても気に入ってしまいました。
Heliumの絵本は可愛いのが沢山。多分日本の人にも好まれそうな可愛いフレンチテイストの絵本が沢山あります。

その真下、Chaperon rouge(赤ずきんちゃん)。立体ぱたぱた絵本タイプ。

そしてその隣がバーバパパシリーズ。ボタンがついてて押すと音が出る絵本。
ファーム(農場)シリーズなので、牛やヤギや豚の鳴き声が聞こえます。


私が子供の頃に読んだ絵本や本、記憶に鮮明に残っているものは、全て食べ物が出て来る話ばかり…。
「だんごどっこいしょ」のみたらし団子や、「プンクマインチャ」の木になるヤモリーという饅頭、マフィンおばさんのパン屋さん、それからそれから… 大人になって読むものでも食べ物が出て来るシーンは鮮明に印象に残っています。ねじまき鳥のクロニクルの冒頭ではパスタの茹で加減がすごく気になるし、食堂かたつむりなんてもはや全編に渡って心踊り続けました。


読書をする事で、読む事が好きになる事だけではなくて、料理する事、食べる事に対する興味をもの凄く広げてくれたと思います。


絵本との出会いが、彼女の世界のどんな扉を開いてくれるのか、楽しみです。

♥ About me

こぐまちゃん

Author:こぐまちゃん
モナコで妊娠〜出産
2013年10月18日、女の子が産まれました。
満一才までの妊婦時期〜育児の記録です。

♥ New entries & Comments
♥ Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
♥ Categolies
♥ Archives
♥ おかいもの
♥ 成長記録
♥ Links
♥ メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

♥ Serch

pagetop ↑

Copyright © 2017 こぐまちゃん all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。